そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

WordPressでコンタクトフォームプラグインContact Form 7をVer4.4 に更新したけど「設定エラー」が消せない!?

      2016/04/29

 

お問合せフォームにプラグイン“Contact Form 7”をご利用になっている方が少なくないと思います。シンプルで使いやすく、とても重宝しています。

さて本日、そらよりの元にVer4.4への更新のお知らせが届きました。さっそく更新してみると、何やら設定にエラーがあると表示されます。「編集」で直そうと進み「設定エラーを解消する」をクリックし、オフィシャルサイトを閲覧しましたが、該当するエラーが特定されるわけではなく、可能性が示されるのみでした。

そこで試行錯誤した結果、エラーを解消できたのでご参考までにご報告いたします。たぶん多くの方がこれで解決できると思います。

 

スポンサーリンク

 

更新後表示されるエラー

“Contact Form 7”を更新するとダッシュボードトップページの最上段に次のメッセージが表示されていました。

 

間違った設定があるとメール配送の失敗やその他のトラブルにつながります。コンタクトフォームの設定を検証しましょう。 » Contact Form 7 の設定を検証する

 

指示通り「Contact Form 7 の設定を検証する」をクリックし、「設定検証」画面で「1個のコンタクトフォームを検証する」をクリック。するとダッシュボード「お問い合わせ」に次のようなエラーが表示されました。

そこでこれを解消するため、ポインターを赤枠部分に重ね(マウスオーバーし)「編集」を表示、クリックします。

 

コンタクトフォーム更新01

 

すると「コンタクトフォームの編集」画面へ。「1個の設定エラーがある」と表示されたすぐ右の赤枠の部分に「設定エラーを解消する」というクリカブルボタンがあります。これをクリックするとオフィシャルサイトに飛びます。そこではよくあるエラーの候補についての解説が記述されています。こちらは後で閲覧していただく(読んでも最初はピンときませんでした)ということで、先にそらよりの解決方法をご説明いたします。

 

コンタクトフォーム更新02

 

「メール」タブをクリック

上記「コンタクトフォームの編集」画面は最初「フォーム」タブの画面が表示されています。その右側にある①「メール」タブをクリックしてください。

そらよりが変更したのは②の赤枠の部分です。

 

コンタクトフォーム更新03

 

送信先と送信元を変更

「送信先」と「送信元」に設定するメールアドレスは、オフィシャルサイト「設定エラーを解消する」を確認するとフォームを使用しているドメインに属するアドレスが推奨されていました。

 

(送信元)で使われるメールアドレスにはサイトと同じドメインに属するアドレスが用いられるべきです。そうでない場合は、メールがスパムとして扱われる可能性が高くなるでしょう。

参照:Contact Form 7「設定エラーを解消する」

 

当初「1個の設定エラー」とあり、こちらはスパム扱いされる可能性がある程度のものなので、直接のエラー原因ではないと思われます。でも、万全を期し、従来Gmailのアドレスを設定していましたが、使用しているドメイン「sorayori.com」で作成したメールアドレスに変更しました。

従来アドレスが表記されている部分をクリックし、上書きすることで変更できます。

ちなみにオフィシャルで指示されているのは「送信元」のアドレスだけでしたが、こちらを変更すると自動的に「送信先」も変更されました。たぶん同一であることが好ましいのでしょう。

(160222追記 マニアさんよりコメントを頂戴しました。「題名のみ追記しただけでエラーが消えました。メールアドレス送信元はドメインと同一ではありません。ご参考までにm(_ _)m」とのことです。やはり直接のエラー原因ではないですね。この辺りはご自身のご都合でということでよろしいかと思います。コメントありがとうございました。/詳細は下段コメント欄をご参照ください)

 

「題名」を変更

次に「題名」の部分にご注目ください。ここが今回の「設定エラー」の核心の部分と思われます。

変更前の画面では「題名」が以下のようになっています。下に赤字で「この項目はユーザーの入力内容によっては空白になり得ます」と記述されています。この文章だけからは、それがアウトなのか、セーフなのかわかりません。でも「空白になってはいけない」ようです。

▼変更前

コンタクトフォーム変更前拡大

 

題名の部分を

任意の文言“[your-subject]”

としました。具体的にはお問合せメールが届いたときにわかりやすいように「そらよりお問合せ」という文言にしました。最後に画面右側の「保存」をクリックし、設定を確定します。

 

▼変更後

コンタクトフォーム変更後拡大

 

これで、たとえばお問合せされる方がコンタクトフォームで「パステルミケ娘の体重について」という題名を入力したとします。すると

そらよりお問合せ“パステルミケ娘の体重について”

という題名のメールが届くというわけです。仮に題名が未入力であっても

そらよりお問合せ“”

となり、完全にブランクになることはありません。

 

そらよりの場合、これで「設定エラー」を消すことができました。この操作だけでは解決できない方もいらっしゃるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

(160222追記 設定エラーが2件発生している方がいらっしゃるようです。試しにダッシュボード「お問い合わせ」から「新規追加」を作成してみてください。そこで作成された各コードをまとめてコピーし、メモ帳などにペースト。現在の設定と比較するとエラー部分が発見できるかもしれません。そらよりはその方法によって今回の不具合を発見しました。)

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - WordPress, デジタル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.