そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

イェーイめっちゃ除草の季節!工進背負式手動噴霧器RV-15DXを使ってみた

      2016/11/13

 

いったいどれほどの方に役立てていただけるかまったく自信がございませんが、ニッチな話題が好きなそらよりは今回噴霧器のレビューを書くのであります。(2016年5月8日追記 「使用後の洗浄」について検索された方がいらっしゃったので最後にそれについても書きました)

実家の田畑は作り手を無くし、ウグイスの声を聞く頃から除草の心配をしなくてはなりません。母の言葉を借りれば「まったくなあ、谷津っこ(里山の奥)ならば放っとけんだけどなあ、道っ端にあるんじゃあ、どうにもなんね」といった感じで、よそ様の目、万が一の野火の延焼防止、固定資産税対策のため、草を刈りきれいにしていなくてはならないのです。

さて、そんな事情から噴霧器による除草剤散布と相成ったわけでありますが、今年から新しい噴霧器「工進背負式手動噴霧器グランドマスターRV-15DX」を使うことにしました。Amazonでなるべく容量が大きくお手頃価格のものを探してこの商品に決めました。

12本体アップ

 

従来使っていたのは丸山製作所のMHD13-1。(この話ちょっと長くなるので興味のない方は飛ばしてくださいね)アルミ製で軽く、使い勝手もたいへんよろしかったのですが、使用後の洗浄中にコマを紛失してしまい霧の状態にならなくなってしまいました。農協に問い合わせたところ「その部品はない」とのこと。仕方なくあきらめ新規に購入することにしたのです。

実はその後メーカーの丸山製作所にホームページから問い合わせてみました。翌営業日に早速返信あり。正しい部品名称は「中ムシ」だそうです。部品番号は074238。小売価格は税抜110円とのこと。ただし直接販売は行っておらず「製品販売店(JA農機センター様など農機具販売店様)」から直接調達をということでした。農協に誠意があるなら問い合わせた時点で取り寄せるのがスジとぷんぷんものなので別の農機具販売店を探すことに。また振り出しに戻ったわけですが、ネット検索で「中ムシ」「074238」ではヒットせず。結局「モノタロウ」にたどり着き、購入した次第です。そうだモノタロウがあったじゃん!でした。購入したのは「中ムシ」単体ではなく噴口セットです。念のため、詳細を記録しておきますね。

インターネットホームセンターIHC.MonotaR(個人向けモノタロウ)
※2016年11月13日現在欠品状態にあるようです。
商品名:BIGM(丸山製作所)噴口セット
特長:ノズル、ホースの補修に使います。
注文コード:C00695817
メーカー品番:637775
サイズ:大(中子入り)
入数:六角1、2頭口用×3個
価格:¥777(税込)

 

10旧噴霧器

 

前置きが長くなってしまいました。ではレビューを始めましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

届いた。デカい。でも体にフィット。

Amazonから届いた荷物がこれ。箱には「胸元ベルトと腰ベルトで横揺れを防ぐ安定感」と書いてあります。なるほどこれなら容量が大きく(15リットル)ても体にしっかりフィット。疲れにくいわけですね。

01本大開封

 

箱から中身を取り出してみました。まるでiPhoneのレビューのようなもったいぶった一文ですが、これは噴霧器のレビューです。

赤と白がかわいいデザインです。本体重量は4.7kg。従来使用していた丸山MHD13-1が4.2kgですから、ちょうど500g重くなりました。持ち比べると「そういわれるとやや重いかな」といった感じでそれほど気になりません。ただしタンク容量が13リットルから15リットルへ増大してるので、単純に重さに換算し、本体の重さと合計すると2.5kgの重量アップ。消費する仕事量は確実に増大します。(いやそれだけ除草剤の補充の手間が省けるというメリットもあるわけですが)

02本体取り出し

02箱書きスペック

 

本体を裏返すとこうなります。太い縦ベルトと付属した胸ベルト、そして腰ベルト。さらに背当てとしてクッションが付いていて、体への負担を軽減する配慮が十分になされています。

03背当て

 

 

付属品をチェック

本体以外の付属品はこの5点。「縦型二頭口噴口」「カバー付泡状除草噴口」「計量スプーン兼計量カップ」それぞれに工夫があり大変使いやすいものでした。でもノズルの接続部には大いに不満。それぞれ詳しく述べていきたいと思います。

02箱書き内容品

 

気の利いた上下散布の指向性「縦型二頭口噴口」

従来使用していた丸山MHD13-1は噴出口が左右に二つ並んだものでした。この噴霧器はそれが縦になっています。実際に使用してみるとどこが違うのか。その差は歴然でした。

まず左右並列タイプでは横方向への散布範囲は十分カバーできますが、縦方向が弱かった。それを腕の縦振りでカバーするには人間工学的に無理があり(エラそうに書いてますが、なんとなくそんなニュアンスっつうことでお願いします)、作業の負担になっていました。この上下直列タイプでは腕に負担の少ない横振りのみで、横方向の散布はもちろん、縦方向の散布もしっかり行えます。噴出された液の軌跡を追うと上の口からは縦方向へ、下の口からは横方向へ、それぞれ伸びており、このクロスが散布範囲をより広いものとしています。これはなかなかの工夫と感心しました。

04噴出口

 

しっかり付着が確認できる「カバー付泡状除草噴口」

この機能も始めて使うものでした。ノズルへの取り付けにちょっと苦労。これについては後でまた書きます。

05噴出口広口

 

噴出口は一つです。実際に散布してみると次の画像のように。除草剤が泡となり葉にしっかり付着しているのがわかります。風のある日などには飛散しにくく有効と説明書に書いてありました。当日は時折小枝が揺れる程度の風がありましたが、確かに霧状よりも安心でした。ただし一振りでより広い範囲に散布したい場合は「縦型二頭口噴口」が有効か。ここはしっかり使い分けたいですね。

06噴出口広口散布

 

デカい「計量スプーン兼計量カップ」はやはり便利

そらよりは除草剤ラウンドアップを50倍希釈で使用しています(実家の母が信奉者なので使っていますが、あまりに高額なので変更を画策中)。この噴霧器の15リットル満タンで使用する場合は付属の計量カップで150ミリリットルを2回注げばOK。これが小さいカップだと何回にも分けて注がなくてはならず、ついいい加減な計量をやってしまい高い除草剤を無駄に消費していました。これからはきちんと計量できるようになり、ちょっとスッキリした気分です。

 

 

使ってみると困ったことが

必要な付属品をセットし、使ってみると、思わぬところに落とし穴がありました。各接続部のボルトが手で締めたくらいではゆるくて液漏れがひどかったのです。従来使用していた丸山MHD13-1ではそんなことはありませんでした。手で簡単に絞められた。そのつもりで使い始めたので最初はびっくりしてしまいました。

本体の正面下にノズルとの接合部があります。手できつく締めたつもりでしたが、使い始めると背中から霧状のものが噴出しているのが目の端に留まりました。液漏れでした。

11接続部

 

間もなく接合部のあちこちから液漏れが。タンクをいったん背から外し、各接合部をモンキーレンチを使ってきつく締め直しました。ただヘッド部が大きくなる「カバー付泡状除草噴口」を装着した場合、タンク1杯分を使い切らないうちにまた接合部がゆるみ液漏れが始まってしまいました。これはちょっと考え物。相当きつく締めないといけないと思いました。

08接続部

 

ボルトのサイズは箱に外書きされ、G1/4となっています。モンキーレンチではなくジャストサイズのレンチを用意した方がよいかもしれません。使用するたびにボルトの開閉が必要であり、ボルトをなるべく傷めずに使用する必要があります。できれば付属品として専用のレンチを付けてほしかったと思いました。

 

またこれはそらよりの迂闊にも責任がありますが、タンク内部の吸水ノズルがきちんと固定されているか作業を始める前にチェックしましょう。

09タンク内2

 

説明書には除草剤の希釈は別の容器で行い、均一にした後、タンクに移すとあります。しかしただでさえ準備が面倒な噴霧作業でそんな流ちょうなことはやってられません。そらよりは水道水と除草剤を同時にタンクにぶち込み、縦横に数回倒して混合しています。その衝撃のせいだったのでしょうか。除草剤がまだタンクに残っているのに噴射口から出なくなってしまったので、内部をのぞき込んだら、下の画像のようになっていました。吸水ノズルが固定するホルダーから外れ、先端が上部に浮いていたのです。

これから長く使っていくうちにゴムホースが劣化し、ホールドが利かなくなったらどうしよう。ちょっとそんなことが頭をよぎりました。吸水ノズルの先端をタンク底にしっかり固定する工夫がもっとあってもよかったのでは、と思いました。

09タンク内1

 

以上、噴霧器のレビューでした。最後まで読んでくださった除草の同志たちよ。また秋まで頑張りましょうぞ。エイエイ、オ~!

 

使用後の洗浄方法

2016年5月8日追記

洗浄の目的は主に、薬剤の混合予防とノズルの目詰まり予防、ゴムホースの劣化予防の3点にあると思います。

薬剤の混合予防

使用後は外ブタとネット付き中ブタを外しタンク内を水道水で何回か洗浄します。水道ホースの先を絞り圧力をかけるとよいでしょう。このとき砂などの異物が入らないように注意してください。タンクを逆さにして排水します。そらよりは環境保護の観点から、排水溝に直接流さず、庭に流しいったん地面に吸収させています。タンク内をきれいにしておくことで、次回の使用時に他の薬剤との混合を防ぐことができます。

ノズルの目詰まり予防

薬剤は乾燥するとジェル化や固形化によってノズルの目詰まりの原因となります。そこで上記のタンクの洗浄時にキレイな水道水で噴霧します。タンクのフタは開けたままでかまいません。2~3分間噴霧すれば十分でしょう。これでホース内もきれいになり、薬剤の混合も予防できます。最後にタンクとゴムホースの接続部を外し、噴霧の要領でハンドルバーを操作し、タンク内の水を強制的に排水します。

ゴムホースの劣化予防

タンク内の給水部分と噴霧ノズルの一部がゴムホース(プラスチック?)でできています。洗浄はこの部分の劣化予防にも大切です。また洗浄後は乾燥にも気を配りましょう。そらよりはタンクとゴムホースの接続部を外し、納屋の軒下で2~3日間陰干しにしています。ゴムホースとノズル、その先端は接合したまま。ちょっと手抜きです(笑) 干し方は、タンクは開口部を下に、またゴムホースとノズルは接合部辺りを頂点に左右の開口部が真下になるほうにしています。

以上、お役立ていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - そらよりの日々

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.