そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

郵便局窓口で起きたまさかの「お客様の中に佐川急便さんはいらっしゃいませんか」事件

      2017/01/26

 

奇跡というのは本当に起こるものだし、そこに居合わせた人々は思わず感嘆の声を上げるものだと、連れ合いが興奮した面持ちで話し始めました。

郵便局の窓口で荷物を送ろうと順番を待っていると、前にいたお歳を召した女性にトラブルが生じたそうです。漏れ聞こえる話では、どうやら佐川急便の送り状が貼られた荷物を持ちこんでしまったご様子。窓口の女性は受け付けられないと丁寧に説明していたそうです。それでもその女性は困惑を隠せません。初めはコンビニに行きますが佐川の荷物は扱っていないと断られます。そして店員に勧められたのが郵便局。彼女にとっては、ここが頼みの綱だったというわけです。

駅前の狭い局ですから、居合わせた人々は誰もが彼女の不運に気付いたことでしょう。冷静に考えれば、送り状を引きはがし、改めて書き直せばよいだけのことかもしれません。しかし急場のことに、うちの連れ合いも含めみんなの思考は硬直してしまいました。ほんの数秒かもしれませんが、当事者たちには長くジリジリした時間が流れたに違いありません。

 

老婆の杖

 

するとすぐ隣に立っていた若いスーツ姿の男性がその女性に声を掛けました。社員証のようなものを提示し「もしよろしかったらこちらでお荷物をお受けいたしましょうか」と申し出たのだそうです。その直前、彼は同僚らしき人物とひそひそ耳打ち話をしていました。うちの連れ合いは失礼にも何かを企んでいると疑わしい視線を投げかけましたが、とんだ思い違いでした。彼らこそ佐川急便の社員だったのです。

きっと社内規定に反していないか相談していたのでしょう。果たして違反だったとしても社長賞ものの大英断だったのではないでしょうか。彼らの機転は万事窮すの女性を救い「荷物を送り届ける」という職務をこれ以上ない場面で全うしたのですから。

その瞬間「お~」とも「う~」ともつかない声があちこちから漏れたそうです。心配そうに見つめていた人々に笑顔が戻り、張りつめた局内の空気は一気に氷解しました。

ナイスジョブ、佐川さん。でも、なぜライバル会社の窓口に並んでいたのでしょう。まさか荷物を送りに? あ、信書ですか? なるほど。お疲れ様です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメの記事

パスワード作成 1
覚えやすい。見破られにくい。そして使いやすいパスワードの作り方

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けています ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - そらよりの日々, 愛でたきこと

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.