そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsを設定してもサーチコンソールがサイトマップを認識してくれない!

   

 

新しいサイトを立ち上げて、まず取り組みたいのがサイトマップの作成。以前は自分でファイルを作成し、新しい記事を投稿するたびに書き換えていたのですが、Google XML Sitemapsというプラグインを知って以来、たんへん楽をさせていただいてまいりました。

そんなわけですっかりサイトマップの作法を忘れ切っていたそらよりは、(たぶん)また失態をしでかしてしまったのであります。

 

スポンサーリンク

 

取り組み中だった新規サイトがようやくカットオーバーに至り、やれやれとばかりにGoogle XML Sitemapsを設定したのですが、数日たってGoogleサーチコンソール(Search Console/旧ウェブマスターツール)を確認しても、いっこうにサイトURLがインデックスされません。ていうか「送信」さえされていない。

おかしいなあ、と思い、試しにサイトマップの名称sitemap.xmlだけ「追加」してみたら、なんと翌日からインデックスされたではありませんか。

Google XML Sitemapsはプラグインだけいじってもダメなのですね。必ずサーチコンソール側でsitemap.xmlを登録しないといけない。

「え、だって追加しようにもファイルがどこにも出力されてないじゃない?」とお思いですか? そうなんです。僕もそう思いほったらかしにしていました。

でも、こちらの記事を拝見してビツクリギヨウテン!

サイトマップは書き出されるわけではなくなったためブラウザ上のみ確認できます

▲出典:SEO Pack

そう、もはやサイトマップはバーチャルな時代なのですね。「時代はパーシャル」ではありませんよ。バーチャル。

そういうわけで、WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsを設定したら、サーチコンソールで必ずsitemap.xmlの「追加」を!これ鉄則です。

※もしかしたら、これもそらよりの思い込みで、たまたまそのタイミングでインデックスされ始めただけで、この操作は不要かもしれません。でも、やって間違いなし!と思うのですよ。

もしも不審に思われている方がいらっしゃったら、ぜひこの方法を試してみてください。

 

【01】サーチコンソールの「ホーム」で該当プロパティのURLをクリック

sitemap00

 

【02】「ダッシュボード」で「クロール」の「サイトマップ」を選択

sitemap01

 

【03】右上に表示される「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、入力ボックスを表示

sitemap02

 

【04】「sitemap.xml」と入力し「送信」

sitemap03

 

以上の操作でサイトマップが認識されます。実際のsitemap.xmlファイルは作成不要・アップロード不要。バーチャル上でGoogle XML Sitemapsがやってくれているので、ユーザーはサーチコンソールに知らせるだけでいいんですね。

なかなかインデックスされないと思ったら、ぜひぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - WordPress, アフィリエイト, デジタル , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.