母の七夕

投稿日:2016年7月6日 更新日:

 

今年81歳になる母は実家にひとりで暮らしています。庭に隣接する畑で花や野菜を育てるのを唯一の楽しみにしていました。しかしここ数年畑に立つことが少なくなり、広い座敷にぽつねんと座る姿が目立つようになりました。庭の草木や里山、垣根の向こうにたまに現れる路行く人を眺めるのが今は楽しいと言います。

静かに流れる時間の中で、思いを巡らすことが多々あるのでしょう。食事の後などに昔のことを話してくれたりします。どんな経緯からそこに至ったのか、ある日、最も古い記憶について教えてくれました。

 

母の七夕

 

幼い母はおじいちゃんと手をつなぎ川沿いの道を歩いています。おじいちゃんの片側の手には夕べの七夕の笹飾りがありました。願いを込めた笹はその夜が過ぎたら川に流すのだよ、これから川に流しに行くのだよ、とやさしく教えてくれたと言います。

川といっても山間の村のこと、えぐれた土手がむき出しの、曲がりくねった渓流にすぎません。そんな場所でいったいどうやって笹を流したのか。母も実際に流したところの記憶はなく、ただおじいちゃんに手を引かれ歩いたシーンだけが甦るのだそうです。

温もりをたたえたロマンチックな記憶の断片。還るべきルーツを示す過去からのメッセージ。宇宙の奥底から遥かな時を経て届いた謎の光を、たまたま電波望遠鏡でキャッチしてしまった科学者は、うれしそうに、でもそんな不思議は手に余るといったふうな顔で話していました。

家に帰れば、母の口から、子供の頃や若かった頃のきらきらした思い出話が次々と飛び出します。きっと今日も座敷の片隅に座り、大きなパラボラアンテナを心の奥に向けながら、ぼんやり外を眺めていることでしょう。

早く、実家に帰ってあげなくちゃ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

スプレー容器 1

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

デカ容器01 2

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 3

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 4

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 5

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

355百均カラカラ 6

  キャットフードのストック、お宅ではどのように管理されていますか。わが家には2匹のお猫様がいらっしゃって、猫缶とサイエンスダイエットなどのいわゆるカラカラを小分けにしてあげています。猫缶は ...

-そらよりの日々, 想ふこと在りて

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.