そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

言葉ぐらいケチるない

      2016/10/28

2015年12月の言葉

猫シルエット

 

  「言葉ぐらいケチるない」。それは先代の小さん師匠が若者の「ら抜き」言葉を評したものです。今では「食べれない」「見れない」など普通ですが、当時はニュースで取り上げられるほど問題視されていました。

さて近所に若者が経営するベンチャー企業の八百屋さんがあります。狭い店舗ながら良い品がお手頃価格で揃えられ、繁盛が続いています。レジは2台。一方に30代そこそこの経営陣らしい男が立ち、一方にパートで入り立てらしい40代後半の女性が立っています。

男が女性に注意を促しています。「そんなに丁寧に説明しなくていいから。もっと短くして」。会員カードを発行する際のお客様への説明を手短に、と言っています。女性は「でも初めてで戸惑っていらっしゃったので…」。それでも男は時間がもったいないと言います。

そらよりは男の方のレジに行きました。お釣りを渡すときの彼の言葉は「どうもっ」でした。その親しみは前後のコミュニケーションがあって成立するもののはず。そらよりは常連ではありません。男とは初対面。そのときも一言も話していません。だから、できれば「ありがとうございました」と言ってほしかった。

小売業の生産性の低さは世界屈指の日本だそうです。効率優先は確かに大事でしょう。でも、それとこれとは違うでしょう、と思ったのです。いつか当たり前になってしまうのかもしれないけれど、ここでやっぱり釘を刺しておきたい。「言葉ぐらいケチるない」。

 

スポンサーリンク

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - そらよりの日々, 想ふこと在りて

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.