絵本の想い出 01|きいちごぽちんぽちん「くまとりすの おやつ」

投稿日:2017年3月23日 更新日:

 

子どもたちへの絵本の読み聞かせは、おもに僕が担当していました。「もう寝なさい」と母に告げられると、最後のあがきとして呼ばれ、2段ベッドでのお話タイムが始まります。絵本だけでなく、僕が子どもの頃に体験した(とする)不思議な話も披露しました。ここではそのなかから想い出深い絵本を選びご紹介していきたいと思います。

 

kumatorisunooyatsu

 

第1回は岸田衿子/著、堀内誠一/イラストの「くまとりすの おやつ」福音館書店です。

上の子によく読んであげた本で、あの“2段ベッドでのおたのしみ”が生まれる前に活躍しました。

この本には木苺採りのたのしいイベントを舞台に、友だちとのかかわり、会話、その大切さがやさしく描かれています。とはいえ幼児向けなので、子どもにまず響いたのは、読んであげたときのリズミカルな声、脳を刺激する目に鮮やかな色彩のカットだったろうと思われます。

僕が好きなのはこのフレーズです。

「きいちご ぽちん ぽちん なってるか なってるよ」

出典:「くまとりすの おやつ」福音館書店

僕は子どものために読みながら、この場面を開くたびに郷愁でいっぱいになっていました。そしていつしか記憶にとどまり一生をともにする言葉になりました。

正しくは木苺ではないのかもしれません。でも当時の村の子どもたちはそれを木苺と呼んでいました。低木のそれは晩春に白い花をつけ、梅雨入り前に黄色い小さな果を実らせます。食べごろはやや透き通ってきた時分。口に入れるとそれはすぐにはじけ甘い汁がいっぱいに広がりました。シーズンには競って採りその場で頬張ったものです。

いまでも床にワイパーをかけたり、お風呂を掃除したり、草刈りをしているときなど、このフレーズがふと心によぎることがあります。

「きいちご ぽちん ぽちん なってるか なってるよ」

僕は誰に問いかけているのでしょう。あのとき野山を駆け回っていたころの僕なのかもしれません。

「なってるか?」「なってるよ!」

ちょっとはずかし気な笑顔を浮かべ答える顔が見えます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

スプレー容器 1

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

デカ容器01 2

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 3

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

求人広告250 4

  就職、転職には人それぞれ、さまざまな理由があります。この記事は次のような人のためのものです。たとえば長くその会社で働きたい。たとえば人間らしい心を捨てずに働きたい。たとえば尊敬できる人に ...

補色01 5

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 6

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

355百均カラカラ 7

  キャットフードのストック、お宅ではどのように管理されていますか。わが家には2匹のお猫様がいらっしゃって、猫缶とサイエンスダイエットなどのいわゆるカラカラを小分けにしてあげています。猫缶は ...

-そらよりの日々, みるよむあそぶ, 想ふこと在りて, 本の虫
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.