さすが小林製薬!炭で磨く「スミガキ」はカッキーンとなる爽快さだった

投稿日:

歯磨き粉など、もはやどこのメーカーも同じもの、とタカをくくっていたら、これには目を剥きました。かつてない見た目。かつてない味わい(?)。そしてかつてない磨き心地。それはそれは新鮮な歯磨き体験でした。さすが小林製薬。ネーミングだけではない、機能においても確固たる差別化を実現する社風をいかんなく発揮して、期待を裏切りません。

 

すみがき01

 

スポンサーリンク

 

炭だから黒!

チューブから中身を出すと、こんな感じです。

 

すみがき04

 

はい真っ黒です。だって炭が入っているから。

 

すみがき01

 

こんなの歯に付けて大丈夫かなあ?と思い、確認したら、ちゃんと書いてありました。

 

すみがき03

 

なるほど。それなら安心。

またこのペーストは普通の歯磨き粉より、ちょっとゆるい。横にすると、滴り落ちる心配があります。ちなみにこのまま12時間放置してみたら、噛んだガムのように固くなりました。口に入れると元どおり柔らかくなったので、どうやら水分によって状態が変化するようです。使用後はキャップをしっかり締めましょう。

 

馴れてくるとマスカットの味

口に含んだ第一印象は正直、よいものではありませんでした。ミントとメントールが激しく主張しあい、薬品で消毒されている感じ。決してお口に優しいというものではありません。でも、これが不思議。2回、3回と使用を重ねていくと、なんだか甘く感じるではないですか。強いて例えればマスカット? フルーティでさえあります。

 

カッキーンと来る磨き心地

「スミガキ」の最大の特徴は、やはり口をすすいだ後の爽快感です。先ほどまでの心地よいミントとメントールの刺激が残り、油分や汚れをすっきり洗い落としたような感じがします。息もきっと雪の女王の魔法のように白く鮮やかなはず。

もしやこれも炭のおかげ?と思い小林製薬の製品ページを確かめてみると、こんな図がありました。

小林製薬スミガキ出典:小林製薬

 

なんと炭の微粒子が歯垢やニオイ成分をしっかりからめ取ってくれているんですね。香りによるものだけではなく、事実、口の中がクリーンになって爽やかだったのです。

凄いぞ炭!というわけで小林製薬の「スミガキ」。遅ればせながら絶賛おススメのオーラルケア商品です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

var nend_params = {"media":35358,"site":188486,"spot":526243,"type":1,"oriented":1};

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

パスワード作成 1

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 2

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 3

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい後ろのシール部 ...

gretel 4

  NHK Eテレの「グレーテルのかまど」(毎週月曜 午後10時放送)をご存じですか。瀬戸康史扮するヘンゼルが、しゃべる「魔法のかまど」(声:キムラ緑子)にさまざまなスイーツの作り方を教えて ...

-快的グッズ, 暮らしの発見
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.