「 癒し 」 一覧

chiisaiouchi

絵本の想い出 05|いろいろあって春がまためぐる「ちいさいおうち」

  祖母は、庭の横を流れる小川の向こうに小さい畑を作っていました。おばあちゃんっ子だった僕は、いつもついて回り、畑仕事をしている間、何も植えていない空いた場所で土いじりをしていました。 思い ...

kuroitonkati

絵本の想い出 04|みんなつながっていることを知った息子と「くろいとんかち」

  たぶんあれは息子と二人きりで初めて散歩に出掛けたときのことだったと思います。近所の公園の池は水を抜き取る“かいぼり”の最中で、ほとんど干上がっていました。僕はベビーカーに乗った息子に排水 ...

murasakikatabami01

夫婦の価値観の相違と、それを認めあうということ

  なぜか小さな花に惹かれます。だから庭の草取りをしても小さな花を咲かせる雑草を抜き取ってしまうのが忍びない。 いつか野生のスミレ草ばかりを残していたら、それを好物とする蛾が卵を産み付け、庭 ...

swimming-pig

【おもしろ動画】誰だよ?ブタは泥水が好きって言ってたやつ!

  子どもの頃、祖父が道楽でブタを飼っていました。2m四方の木のゲージが左右に五つ。真ん中の通路を歩くと、身を乗り出し、べっとり濡れた鼻をこすりつけてきます。水道水で週に何回か掃除し、ワラを ...

yamatsutsuji

メダカとモウセンゴケと山つつじの頃

  遠浅の海となだらかな丘陵の間にできた狭い土地に、僕の産まれた村はあった。 平地が丘陵地帯の奥まで入り組んで、谷状となったどん詰まりでは清水が湧き出ていた。そこは谷津(やつ)と呼ばれ、村か ...

zundara01

ズンダラ。ジョシチニー。ノムル。わが家で誕生したヘンな言葉たち

    新婚時代、二人だけのヒミツをたのしむようにさまざまな隠語を発明しました。いっしょに暮らすということ、人生の同じ時間をわかちあうということ、その愛おしさが募り募って、独自の言 ...

santanonatsuyasumi

絵本の想い出 03|あの人は旅行がヘタだった!「サンタのたのしいなつやすみ」

  家族4人でグアムに行ったときのことです。昼のバーベキューにうんざりしていた僕たちは中華料理でディナーをキメることにしました。4人といっても半分は小学生。なのにあれもこれもと注文してしまい ...

suirenbachi2017_01

屋上に移動した金魚一尾の睡蓮鉢ついに白い花が咲きました

  昨年5月に記事にした睡蓮鉢のその後をご報告いたします。 西荻窪の淡水魚店「いそっぷ/イソップ」さんから購入してきた6尾の金魚は結局1尾になってしまいました。植木鉢のかけらを避難所として設 ...

170502mugislife02

(ネコナデ007)パステルミケ娘様、お声がお漏れになられる

  毎朝寝室にやって来て、寝ている僕のベッドサイドで「早く起きなさいよ」「猫草をいただく時間よ」と催促するパステルミケ娘様。とってもおしゃべりで、お腹を撫でてもらうときも、気持ちよくてつい声 ...

enishinotsui

70年の縁の終わりに学んだこと

  人の思いに心が動かされたので、誤解を恐れず書きます。不適切な表記もあるかもしれませんが、昔のことを正しく記述するためです。ご容赦ください。 僕が生まれる前、田植えや稲刈りの時期は人手が足 ...

tanetsukebana

種漬花

  地植えの水仙を鉢に植え替えて数年。南向きの花台のいちばん日当たりのよい場所に置かれた鉢は、期待に反し、今年も葉ばかりで花は一輪しか咲きませんでした。それもすでに枯れ、文字通り葉のみとなっ ...

clafoutis

旬のすぎたイチゴを焼いて美味しく春のかんたん「クラフティ」

  フルーツに火を通すとなんて美味しいんでしょうか。化学的な反応はよくわかりませんが、糖度がグンと増すような気がします。リンゴ、バナナ、トマト、チェリー、ベリー、ぶどう、オレンジ、いちじく… ...

kumatorisunooyatsu

絵本の想い出 01|きいちごぽちんぽちん「くまとりすの おやつ」

  子どもたちへの絵本の読み聞かせは、おもに僕が担当していました。「もう寝なさい」と母に告げられると、最後のあがきとして呼ばれ、2段ベッドでのお話タイムが始まります。絵本だけでなく、僕が子ど ...

woodcarving01

ヘタクソを味と信じて作ってみた、ちょっといびつな木の器

  小さいときから絵を描くのが好きで、実家の古い柱にいたずら書きをしては怒られたものです。あれはたしか5歳の節句のときです。母親があちこち描いて困ると客前でこぼしたのでしょう。招かれていた祖 ...

spring_lover

帰りの電車で

  「夏らしい雲」と彼女は言った。 ドラマの主人公がいかにも放ちそうな月並みな言葉だが、空気が一変したのは確かだった。 春を数週間先取りしたような陽気の3月。郊外を走る電車。彼女は途中駅で乗 ...

uminokioku

龍宮城を知っている

  僕の生まれた村のまえは海で、広い干潟があった。それは隣村まで続き干拓になっていた。     干拓といわれても、ぴんとこない人が多いだろう。干拓は、海に土を盛り、周囲を ...

nichigas01

カセットボンベ回収6本で1000円分のクオカード!ニチガスの神対応をたたえたい

  人も企業もピンチのときこそ真価が問われる、とよく申します。まさにそのお手本をニチガス(日本瓦斯)さんが見せてくれたのでシェアします。     まずカセットボンベ回収の ...

parrot

【おもしろ動画】小っちゃくてアタマのいいインコが正解連発で悶絶するほどかわいい!

  世界のペット動画を紹介するサイトThe Do doで、とってもキュートな動画を発見しちゃいました。   This parrot's showing off his sm ...

sigezo_cheesecake01

生クリームたっぷり&ヘルシーな三代目茂蔵「豆乳生チーズケーキ」を見逃すな!

  スイーツマニアじゃないけど、洋菓子をというか、生クリームを口いっぱいほおばりたくなるときがあります。でもダイエットの天使が悪魔を蹴散らすようにダメダメとあたまを振るのでいっつもガマン。そ ...

ume

とかくむずかしい人づきあい。先に負ける大切さを学びました

  じつは実家でご近所トラブルに発展しそうなことを抱えていました。 一昨年の夏、お盆を控えたお墓掃除であわや民家に類焼しかねない失火を出された方がいました。掃き集めた枯れ葉を燃やしたところ、 ...

tsubaki

赤い椿の咲くみちは

  小学生の頃、学校は丘を一つ越えた反対側にあり、児童は雑木の覆い茂った細い農道を通学路としていました。朝は集団登校なのでへっちゃらなのですが、放課後遅くなってしまってからの下校はちょっと恐 ...

catholder

魔法をかけられた猫がシッポでお手伝い!ブロンズカラーのペーパータオルスタンド【ネコモノ012】

  お猫様な雑貨情報コーナー「ネコモノ」。今回は「ペーパータオルスタンド」です。 ▲出典:Amazon.com   オシリをのぞけないのが残念ですが、なんとも気持ちよさそうな伸びの ...

sokuhi

「即非の理論」で眺めると僕たちの世界はとても生きやすくなる

  「即非の論理」の構造、宗教的背景などについては多くの方が解説をされておられるので、ここでは人生における具体的な実践方法(役立て方)として考えてみたいと思います。   &nbsp ...

sakurasake

「さ」の神の宿る日本の美しい言葉

  日本語には古来より「さ」の神の宿る言葉があるとされています。 「さ」は一般に「五月」「早」と書き「若く瑞々しい」様子を表す接頭語(「大辞林」三省堂より)として用いられます。 たとえば 五 ...

enkubutsu

円空仏は彫り出されない。求める人それぞれが見出すもの

  およそ400年のときを経てなお人々を惹きつける円空仏。あるものはかつてお産の苦しみを和らげる像(*)として村人の信仰を集めたそうです。その力の源泉はどこにあるのでしょう。 彫刻家は自らの ...

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.