「 癒し 」 一覧

woodcarving01

ヘタクソを味と信じて作ってみた、ちょっといびつな木の器

  小さいときから絵を描くのが好きで、実家の古い柱にいたずら書きをしては怒られたものです。あれはたしか5歳の節句のときです。母親があちこち描いて困ると客前でこぼしたのでしょう。招かれていた祖 ...

spring_lover

帰りの電車で

  「夏らしい雲」と彼女は言った。 ドラマの主人公がいかにも放ちそうな月並みな言葉だが、空気が一変したのは確かだった。 春を数週間先取りしたような陽気の3月。郊外を走る電車。彼女は途中駅で乗 ...

uminokioku

龍宮城を知っている

  僕の生まれた村のまえは海で、広い干潟があった。それは隣村まで続き干拓になっていた。     干拓といわれても、ぴんとこない人が多いだろう。干拓は、海に土を盛り、周囲を ...

nichigas01

カセットボンベ回収6本で1000円分のクオカード!ニチガスの神対応をたたえたい

  人も企業もピンチのときこそ真価が問われる、とよく申します。まさにそのお手本をニチガス(日本瓦斯)さんが見せてくれたのでシェアします。     まずカセットボンベ回収の ...

parrot

【おもしろ動画】小っちゃくてアタマのいいインコが正解連発で悶絶するほどかわいい!

  世界のペット動画を紹介するサイトThe Do doで、とってもキュートな動画を発見しちゃいました。   This parrot's showing off his sm ...

sigezo_cheesecake01

生クリームたっぷり&ヘルシーな三代目茂蔵「豆乳生チーズケーキ」を見逃すな!

  スイーツマニアじゃないけど、洋菓子をというか、生クリームを口いっぱいほおばりたくなるときがあります。でもダイエットの天使が悪魔を蹴散らすようにダメダメとあたまを振るのでいっつもガマン。そ ...

ume

とかくむずかしい人づきあい。先に負ける大切さを学びました

  じつは実家でご近所トラブルに発展しそうなことを抱えていました。 一昨年の夏、お盆を控えたお墓掃除であわや民家に類焼しかねない失火を出された方がいました。掃き集めた枯れ葉を燃やしたところ、 ...

tsubaki

赤い椿の咲くみちは

  小学生の頃、学校は丘を一つ越えた反対側にあり、児童は雑木の覆い茂った細い農道を通学路としていました。朝は集団登校なのでへっちゃらなのですが、放課後遅くなってしまってからの下校はちょっと恐 ...

catholder

魔法をかけられた猫がシッポでお手伝い!ブロンズカラーのペーパータオルスタンド【ネコモノ012】

  お猫様な雑貨情報コーナー「ネコモノ」。今回は「ペーパータオルスタンド」です。 ▲出典:Amazon.com   オシリをのぞけないのが残念ですが、なんとも気持ちよさそうな伸びの ...

sokuhi

「即非の理論」で眺めると僕たちの世界はとても生きやすくなる

  「即非の論理」の構造、宗教的背景などについては多くの方が解説をされておられるので、ここでは人生における具体的な実践方法(役立て方)として考えてみたいと思います。   &nbsp ...

sakurasake

「さ」の神の宿る日本の美しい言葉

  日本語には古来より「さ」の神の宿る言葉があるとされています。 「さ」は一般に「五月」「早」と書き「若く瑞々しい」様子を表す接頭語(「大辞林」三省堂より)として用いられます。 たとえば 五 ...

enkubutsu

円空仏は彫り出されない。求める人それぞれが見出すもの

  およそ400年のときを経てなお人々を惹きつける円空仏。あるものはかつてお産の苦しみを和らげる像(*)として村人の信仰を集めたそうです。その力の源泉はどこにあるのでしょう。 彫刻家は自らの ...

takoyakiandbread

そしてタコ焼きの青年は、パン売りの娘に恋をした

  駅ビルの幅2メートルほどの細い通路を隔て、タコ焼き屋さんとパン屋さんがありました。   ▲写真素材ぱくたそ PHOTO BY すしぱく   タコ焼き屋さんの前では、腰 ...

syohjonoyohnahaha

横転した車のなかで母は少女のように笑っていた

  雪の農道をゆっくり走る軽トラック。運転していたのは父。隣には母がいた。田んぼの中の1本道。車1台がやっと通れる幅しかない。雪が降るなんて年に1、2回あるかないかの土地だ。慎重であったはず ...

cat161206

(ネコナデ005)レンブラントの光に包まれお見送りのパステルミケ娘様

    なんだか神々しいお姿のパステルミケ娘様。「夜警」ならぬ「お留守番」のため家に残され「さみしいよ」オーラを猛烈に放っているところであります。 わが家の東隣は建物が近いため、や ...

ambulancewens2

「最期に見ておきたいものは?」オランダの私設救急隊が取り組む、ある終末ケア

  ▲出典:Twitter @StAmbulancewens   ここはどこでしょう。ストレッチャーに乗った人物は何をしているのでしょう。 Twitterに投稿されたこの写真にはつ ...

sky

天国の殺人者

  ウィリアム・サローヤン(William Saroyan)という作家をご存じですか。アルメニア出身の小説家・戯曲家で、おもに1930年代から40年代にアメリカで活躍した人物です。 彼の作品 ...

personalbranding

自分らしく、よりよく生きるためのヒント「パーソナル・ブランディング」

  企業のブランディングを、個人のブランディングに置き換えたらどうだろう、とずっと考えてきました。たとえばこのブログもそのフィールドワークの一つ。僕を「そらより」というブランドに置き換えたと ...

nitori_futoncover01

ニトリの掛布団カバーがマイクロフリースでやわらか&あったか!ダブルで2000円しないんですよ奥さん!

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

nekomono_catcushion_eye

毎日抱きしめたい猫シルエットのぬいぐるみクッション【ネコモノ011】

  お猫様な雑貨情報コーナー「ネコモノ」。今回は「猫のぬいぐるみクッション」です。   ▲出典:MEOW IS NOW / Cat Back Shadow Soft Plush & ...

sunset-beach

トワイライト -月と太陽が出逢うとき-

          月は言った 「あなたはずっと眩しかった その眩しさが憎いときもありました でも一人残されるのが こわくて、くやしくて 意地であなた ...

imouto

  妹が小学校低学年のときです。宿題で創作物語を作文しました。いやがるのを無理矢理取り上げ読むと、それはこんな書き出しでした。 「ある家に3人ぼっちの家族が住んでいました」 当時の実家は祖父 ...

kinmokusei

金木犀の香りが嫌い

2016年10月の言葉   DVを受けていた彼女は、離婚調停を申し立てました。その結果、なぜか幼い子どもたちの親権は夫に。身の回りのわずかな品を手に、家族と住んでいた社宅を出た日。生垣の金木 ...

お家大好きなはずなのになぜかドライブで主張してみたくなるお猫様のカーステッカー【ネコモノ010】

  お猫様な雑貨情報コーナー「ネコモノ」。今回は「キャットファミリーのカーステッカー」です。   ▲出典:Etsy CatButtStickers   猫好きは、どうして ...

dog_touchout

【おもしろ動画】子どもと犬をいっしょに育てるとよい理由がよくわかるホームビデオ

  お猫様大好きなそらよりでありますが、お犬様もよいなあ、かしこくておもしろいなあと思うことが多々あります。こちらのGIF動画も、しみじみと眺めてしまう光景の一つです。   You ...

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.