そしてタコ焼きの青年は、パン売りの娘に恋をした

投稿日:2016年12月31日 更新日:

 

駅ビルの幅2メートルほどの細い通路を隔て、タコ焼き屋さんとパン屋さんがありました。

 

takoyakiandbread

写真素材ぱくたそ PHOTO BY すしぱく

 

タコ焼き屋さんの前では、腰の曲がった老婆が床に置いた袋に買ったばかりのたこ焼きを詰め込もうとしています。売り子の青年が腰を下ろし、それを手伝ってあげていました。まるで自分の祖母に接するような少々粗野だけど温かみのある言葉が、彼の人柄を表わしていました。

向かいのパン屋さんでは若いお嬢さんが行き交う客に呼び込みの声を掛けています。慣れた口調で、慣れた声音で。たぶん高校生くらいから販売業のアルバイトをやってきたのでしょう。聞き流せるくらいに自然で、でも商品に思わず目をやってしまう、気の効いた言葉に熟練が感じられます。美人ではないけど、愛きょうのある笑顔が素敵でした。

何か予感がしたのです。遠くからそれを眺めていた僕には、甘酸っぱい「if」で始まる物語が浮かんでいました。

するとつぎの瞬間。タコ焼きの青年がパン売りの娘に声を掛けたのです。

「その四角いパン、おいしいですよね」

パン売りの娘は戸惑ったように青年の顔を見つめ。笑顔で答えました。

「あ、うちのパンですか。ありがとうございます。この四角いの…、買っていただいたんですね。ありがとうございます」

さっきまで滑らかだった足取りが、売り場を行きつ戻りつバタついている。そしてそそくさとウィンドーの奥に引っ込んでしまいました。

しばらくして、心を整え直したのでしょう。また店頭に出てきました。

青年は、と見ると。

おい、おい青年。手が止まってるぞ。いつまでもぼうっと見とれてるんじゃない。タコ焼きを早く焼け!

絵に画いたような恋が、始まっていました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

スプレー容器 1

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

デカ容器01 2

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 3

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

求人広告250 4

  就職、転職には人それぞれ、さまざまな理由があります。この記事は次のような人のためのものです。たとえば長くその会社で働きたい。たとえば人間らしい心を捨てずに働きたい。たとえば尊敬できる人に ...

補色01 5

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 6

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

355百均カラカラ 7

  キャットフードのストック、お宅ではどのように管理されていますか。わが家には2匹のお猫様がいらっしゃって、猫缶とサイエンスダイエットなどのいわゆるカラカラを小分けにしてあげています。猫缶は ...

-そらよりの日々, 愛でたきこと
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.