そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

葉も花も実も楽しめるミニ菜園!美味しくいただいたカボチャはベランダに種をまきましょう

      2016/07/01

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

かぼちゃを育てよう去年の花

 

鮮やかな黄色の花弁。直径は10cmほどあります。これは昨年9月に咲かせたカボチャです。八百屋さんで煮付用に購入してきたものが大変美味しかったので、連れ合いが種を取り出し、プランターに埋めたところ、瞬く間に成長し、立派な花を次々と咲かせてくれました。両隣に蕾が見えませんか。弦は横に広がり8輪ほど咲いたと記憶しています。

カンボジア(カンボジャ→カボチャ)を原産とする日本カボチャは英語でTropical Squashf(トロピカル・スクワッシュ)。なるほどパキッと目に飛び込むきれいな花を咲かせるわけです。また「土手カボチャ」と言われるくらいですから、荒れ地に放っておいても勝手に伸びていく。とても育てやすいんです。

花の盛りが終わり3週間ほど後の10月に収穫した実がこれです。

かぼちゃを育てよう去年の実

種をまいた時期が遅かったため、実ったのは小振りのものでした。でも、自宅のプランターでこれだけの収穫ができれば十分です。連れ合いと二人で、わいわい成長を愛でることもできましたしね。

 

さて、そんなわけで今年はもっと大きな実りを得ようと再びのチャレンジです。

煮付用のカボチャから種を取り出し、ワタを水洗いし、自然乾燥した後、プランターの土に埋めたのが5月の頭。それから2週間で芽を出し、双葉から本葉が揃ったのがこの状態。発芽から10日が経過しています。

かぼちゃを育てよう双葉

 

正しく横並びになっているのは、発芽した元気のよいものだけを選り抜き、植え替えたからです。横長のプランターに4本の芽が植わっています。本当は3本でいいのかな、と思いましたがいずれも元気がよくもったいなくてこうなりました。

(2016年6月30日追記 長十郎さんからコメントでアドバイスを頂戴しました。苗は3本でも多いくらいで、このプランターのサイズでは1本まで減らし、化成肥料も必要とのことでした。昨年実りが小さかったのは遅いためだけではなかったのですね。さて、どうしましょう。じつは花も大きな楽しみの一つなのです。難しいですね)

これから弦が生え、茂っていく予定です。その成長は追ってまたご報告しますね。

日当たりのよい庭やベランダがあったら、あなたもぜひチャレンジしてみてください。カボチャは楽しいですよ。

 

つづく

じつはその後大変なことに!

窓辺でカボチャ畑Part2「ウドンコ病の洗礼に見舞われる」&「命名:カボちん」

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

▼こんなオシャレな鉢はいかがでしょう。Amazon

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - そらよりの日々, 暮らしの発見 , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.