そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

窓辺でカボチャ畑Part4「花をてんぷらに」&「待望の雌花」

      2016/08/04

 

ご無沙汰しております。カボちんです。前回のご報告から3週間余り、相変わらずすくすくと成長しております。

さて、今回はまず「花を食べましたよ」というお話です。そらよりは知らなかったのですが、連れ合いがどこからか情報を仕入れ調理してくれました。

まずは収穫から。朝開いたフレッシュな花を切り取ります。

hananotenpura_toretate

軽く水洗いした後、ファスナー付ビニール袋に入れ、いったん冷蔵庫の野菜室に。夕食のてんぷらにします。

作り方はとても簡単。ガクを残し茎を取り除く。花の先端からスライスチーズ(とろけないタイプ)を入れる。衣をつけて揚げる。それだけです。コツがあるとすれば、花の先端から衣の滴を軽く切ること。こうすると揚げる途中でチーズがこぼれ出ることがないそうです。中身はチーズだけでなく、肉や山芋などいろいろバリエーションがあるとのことでした。

そして出来上がったのがコレ。鮮やかな黄色がアクセントとなり、地味なてんぷらの盛り合わせに文字通り花(華)を添えています。

hananotenpura

味は、カボチャの強い主張は特になく、ガクの辺りに到達して、ほのかに野の風味が広がりました。もっと苦いかと思っていたのですが、食べやすかったです。チーズの味がついていますが、お好みで塩をちょっと振ってもよいかもしれません。

おかげでビールが進みました。カボちんは花を食してもたのしめる、なかなか素敵なやつでした。

スポンサーリンク

 

さて、ご報告第2弾。「待望の雌花の芽が付きましたよ」というお話です。

最初に発見したのは6月29日。種まきから2ヵ月弱のことでした。それがこちら。

mabana0629

根元がぷっくり丸く膨らんでいるでしょう。これが雌花の特徴です。花が咲いたら、雄花のおしべから綿棒で花粉を採取して、めしべの先端にちょんちょんと付けてあげる。それでカボチャの実となります。

しかし、残念なことに、この芽は黄色くなって落ちてしまいました。

それからさらに2週間あまり経った7月16日、弦の先の方に、ついに2番目の雌花の芽を発見。

mebana0715

前回、枯れ落ちてしまった原因はわからないのですが、その後念のため追肥したのが功を奏したのかもしれません。今度は枯らさないようにしなくちゃ。

以上、カボちんの最新情報でした。

いいぞカボちん、その調子。明日もがんばろう。

つづく

 

●これまでのカボちんのお話

窓辺でカボチャ畑Part3「鮮やかな黄色い花が咲きました」&「肥料をまく」

窓辺でカボチャ畑Part2「ウドンコ病の洗礼に見舞われる」&「命名:カボちん」

葉も花も実も楽しめるミニ菜園!美味しくいただいたカボチャはベランダに種をまきましょう

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - そらよりの日々 ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.