そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

Windows10のアップグレードを躊躇していたらCドライブが6GBも減っちゃいました!

      2016/06/11

 

この記事では以下の点について記述しています。

①「$WINDOWS.~BT」フォルダが削除できなくてお困りの方のために

…「【1】「$WINDOWS.~BT」フォルダの削除」

②6GBを勝手にインストールされないために四つの更新プログラムを削除

…「【2】更新プログラムも削除」/その後も同じ更新プログラムがインストールされます。放っておくと自動的にダウンロードへと進んでしまいます。これを阻止するためには? 詳しくはこちらのページをご覧ください)

③ディスククリーンアップでcドライブを軽くする

…「【3】cドライブの不要なファイルを削除する方法」(お役立ちサイトをご紹介します)

必要に応じそれぞれの項目をご参照ください。なお本件については、随時必要な対応が変化しているようです。他のサイトも含め最新の情報をチェックいただくことをお薦めいたします。

 


 

2015年7月、MicrosoftからWindows10がリリースされ約2ヵ月が経ちました。大きな問題が発生することもなく、概ね好意をもって受け入れられているようです。

しかし一方で、思わぬ不具合に悩まされた過去の教訓から無料アップグレード期限ぎりぎりまで待ってみようとお考えの方も少なくないのでは。じつは「そらより」もそちら側の人間です。

というわけで、デスクトップにたびたび現れる予約を促すサインに後ろめたさを覚えることもなく平然とスルーしてきました。

 

710pexels-photo

 

  さて、そんな平穏な日々を過ごしていたのですが、案の定というか、オイオイというか、ある問題が発生しました。 普段づかいのPCはWindows7です。導入してからもう数年経ち、Cドライブの残量もわずか20GBぎりぎりまで少なくなっていました。リマインダーで毎月、ディスクのクリーンアップを行い、古い復元ポイントを消し、Tempフォルダなども“掃除”しており、管理を怠りなく行っているつもりでした。

それがある日、気付けば15GBにまで減少していたのです。 最近、新たなソフトをインストールしたわけでもなく、ビデオを編集した記憶もありません。おかしいな、ともやもやしていたところ、ネットニュースで原因を知りました。  

 

スポンサーリンク

 

 

予約しなくてもHDDを消費

  ITmediaニュースによると、Windows10を予約しなくても

 

インストールファイルのダウンロードまでは自動的にされる

引用:ITmediaニュース

 

というのです。 同記事によるとCドライブに

 

「$WINDOWS.~BT」と「$Windows.~WS」)がダウンロードされている場合は、これらを削除する

引用:ITmediaニュース

 

とのこと。 さっそくcドライブをチェックしてみると、「そらより」には「$WINDOWS.~BT」フォルダが確かに入っていました。「$Windows.~WS」もあればすぐ下に表示されるようですが、どうやらそちらは確認できませんでした。

 

cドライブ01

 

「$WINDOWS.~BT」フォルダを右クリックし、プロパティで容量を見ると、なるほどほぼ6GB消費しているではありませんか。 さっそく削除です。

 

cドライブ02  

 

【1】「$WINDOWS.~BT」フォルダの削除

  しかし、ここで問題です。「$WINDOWS.~BT」フォルダを右クリックし削除しようとしても「アクセス権限が云々」とどうしても受け付けてくれないではないですか。

 

Windows10アクセスの拒否1

 

ネットでこの問題を検索すると、Microsoftの公式コミュニティでは「アクセス許可がないと削除できないフォルダを削除したい」という表題で

 

所有権を取得した後に、削除してみてください。

引用:Microsoftコミュニティ

 

とあり、その方法が解説されています。しかし、指示通りAdminから現在ログオンしているはずのユーザーに変更しても、なぜか削除することはできませんでした。 さらに「$Windows.~BT」に文言を絞り検索していくと、どうやら「ディスク クリーンアップ」で削除できることがわかりました。 以下その方法です。

①「スタート」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「システムツール」から「ディスク クリーンアップ」を選択します。

②実行するドライブが「(c:)」であることを確認し「OK」をクリックすると、次のウィンドウが表示されます。ここで「システム ファイルのクリーンアップ(S)」をクリックします。

 

ディスククリーンアップ01

 

③以下のウィンドウが表示されるので「一時ファイル」と「一時Windows インストール ファイル」を選択し「OK」をクリックします。

 

ディスククリーンアップ02

 

これで「$WINDOWS.~BT」フォルダが削除できるはずです。 なおこの操作はフォルダのアクセス権限がadminのままで実行できました。操作手順はatmarkitの記事を参考にさせていただきました。

さて、Windows10の自動ダウンロードの問題はこれだけで解決ではありません。ITmediaニュースでは海外のネットメディアが報じている更新プログラムの削除方法を紹介しています。さっそく引用元を確認してみました。  

 

スポンサーリンク

 

 

【2】更新プログラムも削除

  ネットメディアlifehackerによると、「$WINDOWS.~BT」フォルダを再びインストールされないようにするには更新プログラムの削除も必要なようで、次のようにその方法を解説しています。

 

1.Search for “Programs and features” in the Start Menu. 2.Select “view installed updates” on the left side of the window. 3.Windows 7: locate the following updates: 3035583, 2952664, 3021917 4.Windows 8: locate the following updates: 3035583, 2976978 5.Right-click each update select uninstall. 6.Select Restart Later when the prompt appears. 7.Restart when you’ve finished these steps for each update.

引用:lifehacker

 

要約すると

●「スタートメニュー」から「プログラムと機能」を選ぶ(「そらより」の環境では「コントロールパネル」>「プログラム」を経て辿り着けました)

●「インストールされた更新プログラム」を選択 ●Windows7ではKB3035583, KB2952664, KB3021917の各プログラムを右クリックでアンインストールする

 


 

2016年2月3日午前2時15分追記

ITmediaニュースによるとその後、Windows7では次のプログラムもアンインストール・非表示にすることが推奨されています。

「KB3112343」

出典:ITmediaニュース

 


 

「更新プログラムのアンインストール」の表示画面を下にスクロールすると「Microsoft Windows」の項目があります。ここにあるのですが、とても探し難い。そこで…

Windows10自動削除

 

 

赤枠で示した検索ボックスにたとえば「KB3035583」と入力してみてください。一発で探し出せます。

更新プログラムを検索

 

●最後に再起動する

 

以上で、Windows10の更新プログラムを削除することができます。

 


 

2016年2月3日午前2時15分追記

ITmediaニュースによると2月2日、Windows10へのアップグレードプログラムが「推奨」に昇格されました。

Microsoftが予告通り、Windows 7/8.1ユーザー向け「Windows Update」で、これまで「オプション」だったWindows 10へのアップグレードプログラムを「推奨」に昇格させた。自動更新設定にしているPCでは、アップグレードが自動的に始まる。

出典:ITmediaニュース

 


 

しかも「【2】更新プログラムも削除」の操作を行った後も、同じ更新プログラムが随時自動的にネットからダウンロードされてしまいます。Windows10へのアップグレードが自動的に始まるのを阻止するには「自動更新設定」を変えなくてはなりません。その方法は、ぜひこちらのページでご確認ください。

 


 

2016年6月11日追記

マイクロソフト社から「Windows 10 へのアップグレードを抑止する方法」と題した手順解説ページが公開されました。

これについてIT Proは

具体的な効果について今回のブログでは明示していないが、Windows 10へのアップグレードを促すツール「GWX(Get Windows 10)」を停止し、GWXやWindows UpdateによるWindows 10へのアップグレードも実行しないようになるとみられる。

出典:IT Pro

 

となっています。ぜひこちらの方法をお試しください。

 

 

【3】cドライブの不要なファイルを削除する方法

さて記事冒頭の操作で6GBを取り戻したついでにcドライブの不要なファイルを削除しておきましょう。そらよりはこれを毎月定期的に実行し、平均ほぼ3GBほど取り戻しています。その方法はこちらのサイトが詳しく解説しています。ぜひご参照ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
格安スマホはmineo

 

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - デジタル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.