そらより

おもしろいと、かわいいと、おいしいと、うれしい。

WordPressで突然トップページカラムだけアドセンス広告が表示されなくなった

      2016/09/26

 

じつはここのところトップページの右カラムのアドセンス広告が表示されない状態でした。症状としては下の画像のような感じ。赤い枠で囲んだ部分です。

パソコンもスマホも同じ状態。不思議なことにカテゴリー一覧や個別の記事ページではきちんと表示されるのです。

 

スポンサーリンク

 

アドセンス不表示

 

2016年4月26日追記 クロールエラーが怪しいと探ってみたところ、原因はどうやらrobots.txtの記述ミスだったようです。wp-contentフォルダを丸ごとブロックしていました。詳細はこちらのページをご覧ください。これを修正したことで、トップページカラムのアドセンス広告は常時安定して表示されるようになりました。やれやれ、とんだど素人さんでした。

というわけで問題は解決したわけですが、アドセンス広告が突然表示されなくなるのはよくあることらしいので、以下はチェックポイントの一例としてご参考にしていただければ幸いです。

 

アドセンス不表示02

▲いろいろ試し、ようやくアドセンスが正常に表示されるようになりました

 

トップページのメインカラムをチェック

ネットで検索すると、どうやらこうした症状はよくあるとのこと。FC2ブログなどでトップページに表示した複数の新着記事のアドセンス広告がすべてカウントされ、結果的に「1ページにアドセンス三つまで」というルール違反に触れてしまったことが原因のようです。

そらよりの場合、ご覧いただいておわかりのように、メインカラムにはアイキャッチ画像とタイトル、本文の一部を主要素とした記事一覧です。トップページでのアドセンス広告数での違反はないと考えました。

 

Google ChromeだけでなくIEでもダメ

ブラウザにはGoogle Chromeを使用しています。すでにスマホで同様の症状となっていることからブラウザに起因するものではないと思うのですが、念のためIEでもチェックしてみました。案の定、ダメでした。

 

STINGER7を疑う

使用しているテーマはSTINGER7。コードを貼ったウィジェット(ダッシュボードの「外観」から「ウィジェット」で表示)は「Googleアドセンスのスマホ用300px」でした。パソコンではカラムのトップ(「STINGER管理」で「RSS」を非表示にした場合)に、またスマホでは記事下にアドセンス広告が表示されるものです。これがパソコンだけでなく、スマホもまったくブランクになってしまいました。

もしかしたらこのウィジェットの不具合かもしれないと思い、ほかのウィジェットを試してみました。サイドバーウィジェットに「テキスト」を配置し、Googleアドセンスの広告コードを貼ってみました。最初はカラムトップの位置に置き、次にカラムの中段、下段に置いてみましたがいずれもブランクのまま改善しませんでした。

また最新バージョンではなかったのでver20160315、ver20160406にバージョンアップしてみましたが、これも変化がありませんでした。

2016年9月26日追記
その後「Googleアドセンスのスマホ用300px」に戻しましたが、どこかのタイミングで上記の設定に再度戻していました。これが今度は別の問題「404エラーページでアドセンス広告が表示されてしまう」というポリシー違反を起こす結果を招いてしまいました。その詳細はこちらのページで。

 

プラグインの干渉か?

最近、インストール・有効化したプラグインをチェックしてみました。テーマやほかのプラグインとの相性が悪くて不具合が発生しているかもしれないと思ったからです。そのプラグインは画像を拡大表示してくれる“Easy FancyBox”。有効化を解除してみましたが、症状は変わりませんでした。

 

自動サイズレスポンシブ広告が原因?

当初、この位置にはアドセンスの「ラージスカイスクレイパー広告」をサイドバーウィジェットに「テキスト」で配置していました。しかしこれがスマホ表示ではよろしくないらしい。横300×縦600pxサイズの広告です。画面いっぱいに表示されてしまうので、記事の体をなさなくなることでペナルティの対象になり得るようです。

そこで2ヵ月ほど前に「自動サイズレスポンシブ広告」に変更。その後症状が発生しました。しかし「自動サイズレスポンシブ広告」は自動でいい感じのサイズの広告を表示してくれるもののはず。これでペナルティをくらうのは解せません。偶然、タイミングが重なったものと思っています。

現在(2016年4月13日)は先述の通り「Googleアドセンスのスマホ用300px」ウィジェットを使用し、念のためそこにアドセンスの「レクタングル広告300×250」を貼っています。

 

スポンサーリンク

 

 

NG画像を使っていた可能性

トップページの記事一覧をつぶさにチェックしてみると「待てよ」と気になるところがありました。アドセンスのNG画像に引っ掛かっているのか?

それはアイキャッチ画像です。当初、海兵隊の隊列が銃剣の先を交差させている部分をクローズアップした画像を使用していました。冒頭のキャプチャ画像の下部でぼかしの入っている部分にお気付きのことと思います。Googleの「AdSenseヘルプ コンテンツ ポリシー 禁止コンテンツ」によると「暴力的なコンテンツ」「武器および兵器に関連したコンテンツ」が例示されています。直接的な暴力シーンや武器の販売ページではありませんが、それらを連想させるイメージであることは間違いないでしょう。

このアイキャッチ画像はトップページには表示されますが、記事ページには表示されていません。十分に可能性があります。そこでアイキャッチ画像を隊列の足元にトリミング変更しました。

アドセンス不表示03

すると翌日、トップページにアドセンス広告が表示されるようになりました。

 

右カラムに広告を貼り過ぎた可能性

右カラムの広告が多すぎたためペナルティが発生しているのかもしれないとも思いました。当初は

①アドセンス広告

②Amazonリンク/猫用品ストア

③Amazonリンク/デジタルライフ

④Amazonリンク/文具事務用品

⑤Amazonリンク/ホーム&キッチン

⑥Amazonリンク/食品&飲料

⑦アフィリエイト広告1

⑧アフィリエイト広告2

⑨アフィリエイト広告3

⑩アフィリエイト広告4

というものでした。

アドセンスでは過剰な広告表示を行っているサイトはそもそも認可されない傾向にあります。記事内の広告表示の数には気を使っていたのですが、右カラムには目が行き届いていませんでした。記事ページの場合、メインカラムと右カラムを一体と捉えれば広告数は許容範囲かもしれませんが、トップページではメインカラムが記事と見なされず広告過多と判断されてしまった可能性があります。

そこで②から⑥のAmazonリンクを検索ボックス一つのリンクにまとめました。これで広告数は10から6に削減。この変更の翌日、トップページにアドセンス広告が表示されるようになりました。

ただ、その後も表示されない現象が再発したため使用するウィジェットを「スクロール広告(PCのみスマホは非表示)」から「サイドバーウィジェット」に変更。すぐに改善は見られませんでしたが、数日後に表示されるようになりました。

 

2016年4月26日追記 以上、原因が特定できるまでそらよりが改善のために試みたことです。「暴力画像」と「広告過多」が主な原因と疑っていましたが、どうやらそらよりの場合、本命はrobots.txtの記述ミスだったようです。トップページカラムでアドセンス広告が表示されない原因について、ネットで検索するとさまざまな意見があります。とりあえず自分で見直せる範囲の手掛かりとして、この記事をご活用いただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

クリックしていただけると幸いです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

歳の差婚250 1
「年の差婚(交際)」の最適年齢を割り出す法則が海外にあった!

数年前から「年の差婚」がブームです。人気キャスターや人気女優、人気歌手が、歳の離 ...

補色01 2
赤い点を30秒間じっと見つめてください。天井を見上げると不思議なことが!

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や ...

パーティ開け11 3
「パーティ開け」不要!スナック菓子はもっとスマートにシェアできる!!

ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べると ...

 - アフィリエイト, デジタル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.