ラップで小分けしたごはんをお碗に移すときイライラしない裏技

投稿日:2017年1月13日 更新日:

 

我が家では炊飯ジャーは使いません。土井善晴先生の教えのとおり土釜で炊いています。3合から5合は炊くので、余った分はラップで小分けし、1日くらいで食べられる量なら常温で、そうでなければ冷ましてから冷凍保存しています。

これがとっても便利なのですが、一つ困ったことがありました。包みをレンジでチンしたあと、碗に移す際にどうしてもうまくできないのです。包みがうまく解けなかったり、椀からこぼれたり、ラップの折り目にごはんが挟まったり、ラップを引き抜こうとし椀を倒してしまったり、いつもちょっとイライラしていました。

 

スポンサーリンク

 

でもある日、とってもよい方法が思い浮かんだのです。連れ合いに「アッタマいい~」とめずらしく誉められたので、ぜひシェアさせてください。

 

ごはんを包むときにひと工夫

ヨリを作っておく

ごはんの量と包むラップの大きさをピッタリ合わせるのはなかなかむずかしいもの。ラップの端が余り裏側に回りがちです。これって包むときはきれいに貼り付いて気持ちいいけど、チンした後に困るんですよね。切れ目が見えにくくなり、熱くなっているものだから余計にはがしにくい。

そこで包むときにひと工夫です。裏側に回ったラップの端はヨリを掛け本体に貼り付かないようにしておきましょう。ここまで包んだ段階ですでに十分密閉されているので蒸気が漏れるなんて心配はありません。こうしておけばチンした後にスピーディにはがせて便利ですよ。

wrapedrice0514

 

はじめから丸く作る

ごはんをラップで包むとき、平たく、四角く作るほうが効率的です。接地面が大きく金属の放熱板などに載せるとより早く冷ますことができるから。また冷凍庫に保存しておくにも少ない隙間できっちり収まります。

でも発想を転換して丸く作ってみたらどうでしょう。

170605gohan01

じつはこれ最近発見したのですが、ラップをはがすとき、とってもスムーズなんです。クルクルっとほどけて、カドがないからごはんが残ることもほとんどない。いまのところこの方法が最適ではないかと思います。

包み方はかんたん。

170605gohan02

ラップの中央に丸いごはんの山を作り、四隅から①②③④の順でかぶせていきます。そして両手で軽く握り、ボール状に整形。最後にヨリを作れば完成です。

 

ラップをはがすときにひと工夫

ラップしたごはんのここが困る

gohan_chin01

ごはんをラップで包むとき多くの方が平たく、四角く作ると思います。でもちゃんと成形したはずなのに、冷凍庫に押し込んだ際に変形し、角が飛びだしてしまうことがありませんか。

レンジでチンしたあと椀に移すとき、これがラップに残って始末に困るのです。また矢印では示していませんが、ラップの重なった中央部分にもよくごはんが挟まります。

さて、そこで解決法!

 

チンしたらラップをすべて開く

gohan_chin03

ごはんをチンしたら、包み目を表にし、すべて開きます。角が崩れたり、ごはんつぶが広がるのは気にせずやっちゃってください。

 

しゃもじで集める

gohan_chin04

開いたラップの端を指で押さえ、しゃもじを使い、広がったり、崩れたりしたごはんつぶを中央に集めます。

 

角を押さえて成形

gohan_chin05

ごはんつぶを中央に集めたら、角をトントンと押して丸く成形します。

 

こんな感じの丸さでOK

gohan_chin06

角を取る感じで成形します。

 

ごはんに椀をかぶせます

gohan_chin07

丸く成形したごはんに椀をかぶせます。椀のなかにごはんが収まっているか確認しましょう。

 

ラップで椀を包むように

gohan_chin08

広がったラップの四方を中央の高台に集めます。

 

ひっくり返せばこのとおり

gohan_chin09

高台に集めたラップの端を指で押さえながら裏返します。

 

ごはんがほとんどつかずに移せます

gohan_chin10

最後にラップをはがします。椀にきれいに収まるし、たとえラップにごはんがついてもこれならはがしやすい。

よろしかったら、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)



ブログ人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

horeizaiinhair 1

  本格的な夏がもうすぐやってきます。みなさん暑さ対策、熱中症予防はどのように工夫していますか。 うちの娘ちゃんによると、ポニーテールが結べるくらいの髪の長さがあれば、かんたんでとってもよい ...

スプレー容器 2

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

hoshikata03 3

  家事に手慣れた方ならとっくに実践なさっているかもしれません。でも、一人暮らし初心者や家事が苦手など、まだご存じなかった方のためにシェアします。     ワキが臭くなる ...

デカ容器01 4

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-暮らしの発見, 豆知識
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.