天国の殺人者

投稿日:2016年12月4日 更新日:

 

ウィリアム・サローヤン(William Saroyan)という作家をご存じですか。アルメニア出身の小説家・戯曲家で、おもに1930年代から40年代にアメリカで活躍した人物です。

彼の作品を読み漁っていた30代の頃、仕事の資料探しでよく立ち寄っていた青山ブックセンターで、たまたま彼の戯曲集を見つけました。

天井近くの棚の一番上にひっそり置かれていたそれは、ハードカバーのやや厚手の本で、どこか研究書のような風格を持っていました。いつか彼の絶頂期の戯曲を読んでみたいと思っていた僕は、ジャングルで奇跡の動物を仕留めたかのような誇らしい気持ちでその本を手に取ったのを覚えています。

そこに「夕空晴れて」というお話があります。

(初見で読みたいという方は、ここでおやめください)

 

sky

 

舞台は、人びとがこの世に生を受ける前の天国の待合室。みんな死ぬときの年齢でそこにいます。

ある中年女性が赤ちゃんを見て「かわいそうに」とつぶやきます。

そこに一人の若者がいきり立つ。

「それならまだましさ。僕は殺人者として生まれるんだ」

部屋の隅では、彼に殺される運命の若者がうなだれています。

殺人者はいやだ、いやだ、とわめきながら部屋から連れ出されます。

 

可能性に満ちているとされた自由の国での生を、サローヤンは真っ向から否定します。しかし、それでも彼は生きるべし、生きるべしと訴えます。与えられた運命を生きるしかできないとしても、僕たち(観客や読者)はよりよく生きようとしている。いままさに命を絶とうとしている人でさえ、この物語を前にまだ生を模索している。無尽の希望が「部屋の外」にあることを気付かせてくれるのです。

絶望を描きながら、言外に人生の愛おしさを教えてくれるサローヤン。僕がどんな人間であるかを自らひとに説明するとき、いつか必ず引っ張り出される好きな作家の一人です。

 

 

 

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

nitori_futoncover01 1

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

布団乾燥機アイキャッチ 2

  家電の寿命というのは突然訪れるもので、これまで便利に使っていたふとん乾燥機がこの度お亡くなりになりました。春の訪れまで、まだしばらく時間がかかりそうなこの時期、ふとん乾燥機のない生活はい ...

rakuchinpack01 3

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

ikea_driver02 4

  2017年2月6日追記 「通りすがりの者」さんから次のご指摘をちょうだいしました。 イケアの家具に使われているプラスねじは「ポジドライブ」というイギリスの規格なので、日本のJIS規格のプ ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-そらよりの日々, みるよむあそぶ, 本とか, 視座ぶとん
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 AllRights Reserved.