3000billion
ハイバックメッシュオフィスチェア

銀河系の恒星の数3000億を1円硬貨に置き換えたら?

先日「銀河系には知的文明社会を持つ惑星が36あるはず(出典:Newsweek)」という英ノッティンガム大学の研究成果が話題になりました。
そこでウィキペディアを調べると「銀河系には2000億から4000億の恒星がある(出典:ウィキペディア)」とのことです。
その中間をとって仮に3000億の恒星があるとしたら、3000億という数字は具体的にどれくらいの規模のものになるのでしょう。
どうでもよい、くだらない例えになりますが、お付き合いくだされば幸いです。

一円硬貨の直径は?

ウィキペディアによると一円硬貨の直径は「20ミリ(出典:ウィキペディア)」あるそうです。これを並べるには縦20ミリ×横20ミリの正方形が必要となります。その面積をメートルで表すと0.0004平方メートル。1万分の4平方メートルと言い換えることができます。

一円硬貨を3000億枚並べると?

さて銀河系の恒星の数は3000億と仮定しました。
一円硬貨が3000億枚あるとしたら並べるのにどれだけの面積が必要になるでしょう。

3000億という数を分解すると1万×1万×3000となります。
1円玉を1枚置くのに必要な正方形の面積は1万分の4平方メートルでした。

つまり
(1万×1万×3000)×4/1万=1万×3000×4
=1万×1万×1.2
=1億2000平方メートルとなります。

3000億枚の一円硬貨を平方キロメートルに

3000億枚の一円硬貨を並べるには1億2000平方メートルが必要ということがわかりました。これを平方キロメートルに変換してみましょう。
1平方キロメートルは1000メートル×1000メートルで100万平方メートルとなります。

さきほど算出した1億2000平方メートルを分解すると100万×100×1.2平方メートルとなります。
この単位を平方キロメートルに直すため100万平方メートルで割ると100.2。
つまり100.2平方キロメートルとなります。

これはどれくらいの面積か。
およそ10キロ四方の土地があればよいということになります。
時速50キロのクルマで12分走ったら10キロです。その後直角に右折して12分走れば100平方キロメートルの正方形の2辺を制覇したことになります。

おやおや3000億って意外とかんたんにそのスケールを実感できちゃうものですね。ただその面積の土地に1円玉を3000億枚並べてみなさい、といわれたら、気が遠くなる話ではありますが。

なにはともあれ、銀河系の恒星の数も冷静に分析すると手に取ることができるものだということがわかります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれの還暦おじさんです。妻と娘と猫と息子夫婦と孫娘ちゃんがいます。現在は母の面倒を見るためひとり実家に出向いています。「くらしとこころに」うるおいを降り注ぐポストをめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
掃除機ヘッド掃除アイコン 2
パスワード作成 3
gretel 4
issyopan 5
sorayorirunface640 6
babyfence09 7
パーティ開け11 8
aircon_kojihikomi 9
seiyuwater03 10
oikos01 11
eggpack 12
デカ容器01 13
sigezo_cheesecake01 14
ichirinsha00 15

-たのしむ, 雑学

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2020 sorayori