aircon-cleaning01

エアコンが臭うのでアースエアコン洗浄スプレーを使ってみた

梅雨明けからの本格稼働を前にエアコンを運転してみました。今シーズン初。昨年は掃除をしないまま終えていたので、埃が溜まってるだろうな、と予想はしていました。案の定、湿気った臭いが不快です。寝室で夜通し点けていたら、翌朝喉がイガイガになってしまいました。

これはいけません。エアコンから噴き出す風によって明らかに健康を害しています。

そこで運よく納戸の奥から発見された「アースエアコン洗浄スプレー」を使ってみることにしました。10年ほど前事務所をたたんだときに未使用で持ち帰ったものです。

そもそもわが家ではこの手の洗浄剤を使ったことがありません。

フィルターの埃を掃除機で吸い取り、一般的な消臭除菌スプレーを吹きかけるのみ。冷却フィンは数年に一度掃除機を当てる程度です。

なぜならエアコン洗浄業者のPR映像で誤ったイメージが沁みついていたからです。それはノズルから噴射される液が室内のエアコンの下にダラダラ垂れ落ちるものでした。そのせいでとても面倒に思っていたのです。

でも実際はそうではありませんでした。

 

ニオイの原因、カビ、バクテリアを大掃除

今回使ってみたのは「アースエアコン洗浄スプレー」。

aircon-cleaning02

抗菌コート剤が配合されています。1回使用すれば抗菌効果が発揮されるということですね。

スプレー缶には「ニオイの原因、カビ、バクテリアを大掃除」の文字。今回の「湿気った臭い」や「喉のイガイガ」の問題にド・ストライクな商品です。

 

使い方はとてもかんたん

レバーを指で引くとノズルから洗浄剤が勢いよく飛び出します。その噴射力と洗浄剤のダブルの効果で掃除・除菌できるのですね。

aircon-cleaning04

 

缶には使用方法の詳細が書かれています。

aircon-cleaning03

効果が期待できるのは「エアコン冷却フィンの洗浄とクロスフローファンの除菌」とあります。

「冷却フィン」はフィルターを取り除くと内側にある熱交換器のことです。

「クロスフローファン」がどういうものかわからなかったのでネットで検索してみるとダイキンのサイトでわかりやすく解説してくれていました。エアコン室内機で熱交換器に空気を取り込み、送風するための筒状のファンのことでした。温度が変化する場所なので結露もしやすい。なるほど菌の温床になりやすいということですね。

洗浄のポイントは以下の5点です。

1.プラグをコンセントから抜き、窓を開ける

爆発事故を防ぐため、こうしたスプレー式の缶を使用する際の常識です。とくにこの缶では「高圧ガス:LPガス」が使用されています。可燃性のため万が一の火花の発生を抑え、換気をよくしておくことが大事です。

 

2.エアフィルターを外す

「アースエアコン洗浄スプレー」はエアフィルターを洗浄するものではありません。前述のとおり「エアコン冷却フィンとクロスフローファン」に使用するものです。

aircon-cleaning06

そこでエアフィルターは外しておきます。

aircon-cleaning07

エアフィルターにはしっかり埃がついていました。こちらは別途掃除機でていねいに吸い取ります。もし水洗いしたい場合は必ず埃を吸い取ってから行いましょう。そうしないと埃がフィルターの隙間にこびりつくことがあります。

フィルターを取り除いたのが下の状態です。ご覧のように思いのほか他の部品によってカバーされていました。

aircon-cleaning08

 

3.フィンの向きに沿って噴射

クロスフローファンは本体の奥にあります。冷却フィンの向き(縦)に沿って噴射することでその隙間からより届きやすくします。

aircon-cleaning10

 

4.下に新聞紙などを敷く

缶には説明書きがありません。でもここが一番の気がかりでした。前述のとおり、本体の下から洗浄液がこぼれ出ると心配していたからです。しかし実際は洗浄液が流れ出ることはありませんでした。ただし吹き付ける際に冷却フィン以外の部品に液が当たりはね返ることがありました。用心のため新聞紙などを敷いておくとよいと思いました。

aircon-cleaning09

 

5.1台に1缶使い切り

使用料の目安は「エアコン1台につき1本」です。この商品の容量は420ml。ペットボトル500ml分に近く、相当使えます。缶を振りながら、細かい隙間も含めひととおり吹き付けること都合3回。それでも洗浄液が余るくらいでした。外のドレン管(排水管)からは勢い良く液が流れ出ていました。

 

臭いもなし、イガイガもなし、驚くほど快適に

4~5分の作業で洗浄は完了しました。下の画像はその直後の様子です。見た目、細かい埃は吹き飛んだようでした。

aircon-cleaning11

洗浄液が乾くまでおよそ10分間放置します。

その夜、一晩使用してみると、エアコンの使い心地は一変していました。洗浄前うるさく「臭い!」と指摘していたつれあいも「臭いがなかった」と満足の様子。僕の喉のイガイガも今度はありませんでした。

エアコン洗浄は大成功! 年に1回は実施しようと心に決めた次第です。

 

追記)

翌晩、つれあいから新たな指摘が! エアコンの吹き出し口のフラップにカビが付着していました。こちらは「アースエアコン洗浄スプレー」の用途外。慌てて雑巾で拭き取りました。エアコン洗浄の際はこちらもお忘れなく。

 

スポンサーリンク:この記事で紹介した商品は10年以上前のものであるため該当すると思われる商品をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事(一部広告)

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれの還暦おじさんです。妻と娘と猫と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころに」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
掃除機ヘッド掃除アイコン 2
パスワード作成 3
gretel 4
issyopan 5
sorayorirunface640 6
babyfence09 7
パーティ開け11 8
aircon_kojihikomi 9
seiyuwater03 10
oikos01 11
eggpack 12
デカ容器01 13
sigezo_cheesecake01 14
ichirinsha00 15

-くらす, 掃除修理
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2019 All Rights Reserved.