ばね指を放っておいたら自然に治りかけている

投稿日:2017年10月4日 更新日:

この記事はあくまで個人の感想であり、ばね指の放置を推奨するものではありません。ご自身の責任においてご判断ください。

 

昨年(2016年)の秋ごろ、左手の中指がおかしな状態になっていることに気づきました。朝目覚めると指が曲がったまま開きにくいのです。力を入れて開こうとすると途中から弾くように勢いよく伸びる。痛みはありません。でも関節がなにかに引っかかっているような違和感です。

あわててネットで調べると、どうやら「ばね指」と呼ぶらしいことがわかりました。

 

baneyubi01

 

日本整形外科学会のホームページによると、原因は

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。

とのこと。

秋は休耕田の草刈りの季節です。1年の締めくくり。エンジン式刈り払い機は2サイクルエンジンの細かな振動が指に伝わり、しびれて一時的に感覚が失われます。長時間の作業が負担になったのでしょうか。

同ホームページには「悪化すると指が動かない状態」になるとも記述されており「怖いな」と思ったものの、とくに痛みがあるわけではないので放っておきました。

 

baneyubi02

 

症状として特徴的なのは朝起きるときが一番ひどく、昼間はさほど気にならない点です。就寝中の手は自然に「グー」のかたちになっています。目覚めて「パー」にしようとすると中指が途中で止まり開かなくなる。一時は右手で引き上げなければならないほど悪化しました。

しかし起きて床の掃除をしたり、パソコンを打っているといつのまにか症状は軽くなっています。ただ、それでもずっとばね状態でしたが。

ほぼ1年後(2017年)となる今年の秋、それがすっかり気にならないところまで回復しています。特段の治療を施したわけではありません。夜中に「グー」になっていた手を意識して「パー」にするということも、目覚めの右手による補助も、いつのまにかなくなり、気づけばばねのような弾けがほとんどなくなっていました。完全ではありません。わずかに引っかかりを感じますが、見た目の指の動作はなめらかです。

そしてさらに数ヵ月後の2018年1月。ばね指の違和感は完全に消えました。原因の一つと考えていた草刈りも例年通りみっちり行いましたが、快方の傾向が変わることはありませんでした。

気づけば就寝中に手をグーにすることもなくなっていました。あれは自然の動作ではなくばね指による現象だったのかもしれません。

なにが功を奏したのか、まったく見当がつきませんが、とにかくお医者さんにも行かず完治した(ように見える?)ことが驚きです。(2018年11月8日追記:いまでは指の曲げ伸ばしになんのし障害もありません)

 

これはあくまで個人の体験であり、どなたにも通用するものでないことはもちろんです。でも、こういう人もいる、ということを知ってもらいたくて記事にしました。現在、医師のもと治療中の方はあきらめず続けられることを強くおススメします。

 

ピックアップ記事(一部広告)

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

sheet13 1
gretel 2
issyopan 3
ichirinsha00 4
掃除機ヘッド掃除アイコン 5
sentakki_door03 6
スプレー容器 7
求人広告250 8
rakuchinpack01 9
EGT260DX01 10
doshisha_chair 11
babyfence09 12
kusakarieyec 13
布団乾燥機アイキャッチ 14
パスワード作成 15

-暮らしの発見, 豆知識

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.