「視座ぶとん」 一覧

けっきょく幸も不幸も捉え方次第というわけで、ここでは柔軟な思考のヒントとなるさまざまな視点をシェアします。

カテゴリ一覧

sorayorirunface640

子育ては、迷惑ですか?

鳩に愛を注ぐ男 息子が歩けるようになったころのことです。ふたりで大きな公園に遊びにいきました。まだ動物がめずらしくエサをついばむ鳩たちを追いかけよろこんでいました。するとすぐそばに立っていた初老の男が ...

takashimaya1

物価の歴史資料:昭和8年通販でお取り寄せできた夏物商品の価格

  昭和初期の高島屋の通販 Amazonでなんでも購入できてしまう便利な時代、と感心していたら、じつは80年以上も前から通販は元気でした。実家の物置を片付けたら出てきた古い時代の新聞。そこに ...

bokuenshuicat

昭和8年、新聞が伝えた煙幕の防空演習は何だったのか?

  ミサイル攻撃に備えるべし! 北朝鮮のミサイル攻撃を想定した避難訓練が各地で実施されています。 2017年9月28日には秋田で、同年12月1日には福岡で、そして2018年1月22日には東京 ...

shomintosenso01

昭和8年武勇と恋情が躍る新聞広告の裏で戦争が笑っていた

  年末年始に物置を片付けていたら昭和8年8月4日の新聞が出てまいりました。新聞社は毎日新聞の前身である東京日日新聞。現在は2018年のはじまりですから、およそ84年前のものとなります。 そ ...

Kierkegaardeye

絶望する少年少女たちへ――僕がキェルケゴール「死に至る病」から学んだこと

  数年前、事務所を解散し鬱々とした日々を送っていたころ、その本に出会った。 あれはブックオフだ。揺るぎないものにすがりたくて、岩波の古典の棚の前に立ち偶然目にしたのがキェルケゴールの「死に ...

anmokuchi

あなたは「暗黙知」を受け継いでいますか

  失われる「暗黙知」 仕事の現場において優れた能力を発揮するひとは、ほかのひととどこが異なるのでしょう。 きっとその能力は、AIがディープラーニングで高度な判断力を獲得しているように(例え ...

touchup

タックスヘイブンはタッチアップなのか?という僕の留飲

  小学生のころはまだ目と脳と手足がうまくつながっていなくて、なかなかの運動音痴でした。体育の通信簿は5段階評価で毎学期「3」。それでもどこか見どころがあったのか、学校のソフトボールチームの ...

kaihyosokuho

日本のいまが見えてこない残念な衆議院総選挙開票速報

  2017年10月22日日曜、衆議院議員総選挙が行われた。民進党の分裂により誕生した立憲民主党がサイレント・マジョリティに熱い声をあげさせた点において、歴史の節目となるべき国政選挙ではなか ...

hanazo

紀貫之先生、なぜ桜ではなく梅なんですか?そのもう一つの答え

「花ぞ」の花は梅 東進の「全国統一中学生テストTVCM」で、先生が板書をしながら生徒に注意をうながします。 「この、花ぞの花は梅だからな」 すると一人の生徒が手を挙げ質問します。 「なぜ桜じゃなくて梅 ...

kuchibue

うちの子は口笛を吹く

  子どものころ、口笛を吹くと祖母に叱られたものだ。泥棒が相棒を呼ぶ怖いもの、と教えられた。でも、一人で下校するとき、暗い雑木林でさみしくないぞとばかりに大きな音で口笛を鳴らした。友だちと歌 ...

iine696

Twitter(ツイッター)で僕が「リツイート」ではなく「いいね」を選ぶとき

Twitterで「リツイート」されるとうれしいですよね。「拡散希望」「RT」などと付記して投稿する人もいます。でも閲覧する側からすると、これは「リツイート」ではなく「いいね」に留めておこうと思うことが ...

konrinzai

金輪際と僧

昔、一人の僧がいた。岩と砂の大地を西へ、西へと歩いていた。 腹の底をえぐるようなひもじさと酷暑極寒の鞭打つような痛み、森や夜の闇に潜む獣と幻影の恐怖に耐え、ただ前へ。まるで生と死の淵を彷徨うような旅を ...

ai

AIが共謀罪を容赦なく告発するすばらしい新世界

  Sean Brown   空想は現実へ 家庭用ロボットの誕生を持ち出すまでもなく、すぐれたSF作家が言語化した未来は、遅かれ早かれ実現されるものと思っています。 フィリップ・K ...

eraitoha01

「エラい」という言葉の名誉と、僕の自由のために

  漫画家さわぐちけいすけ氏のツイートが話題です。 「結婚している人はエラい 子どもがいればもっとエラい」という社会の風潮に一石を投じています。おっしゃっていることはとてもまっとうで共感でき ...

zundara01

ズンダラ。ジョシチニー。ノムル。わが家で誕生したヘンな言葉たち

    新婚時代、二人だけのヒミツをたのしむようにさまざまな隠語を発明しました。いっしょに暮らすということ、人生の同じ時間をわかちあうということ、その愛おしさが募り募って、独自の言 ...

KASPARHAUSER01

たった一つの質問で嘘つきが見抜ける方法

  これは映画「カスパー・ハウザーの謎」の1シーンから材を得たものです。重要なシーンなので、ぜひ観たいという方は読むのをここでお止めください。 映画は19世紀初頭に発見された謎の青年の物語で ...

sokuhi

「即非の理論」で眺めると僕たちの世界はとても生きやすくなる

  「即非の論理」の構造、宗教的背景などについては多くの方が解説をされておられるので、ここでは人生における具体的な実践方法(役立て方)として考えてみたいと思います。   &nbsp ...

sakurasake

「さ」の神の宿る日本の美しい言葉

  日本語には古来より「さ」の神の宿る言葉があるとされています。 「さ」は一般に「五月」「早」と書き「若く瑞々しい」様子を表す接頭語(「大辞林」三省堂より)として用いられます。 たとえば 五 ...

enkubutsu

円空仏は彫り出されない。求める人それぞれが見出すもの

  およそ400年のときを経てなお人々を惹きつける円空仏。あるものはかつてお産の苦しみを和らげる像(*)として村人の信仰を集めたそうです。その力の源泉はどこにあるのでしょう。 彫刻家は自らの ...

ambulancewens2

「最期に見ておきたいものは?」オランダの私設救急隊が取り組む、ある終末ケア

  ▲出典:Twitter @StAmbulancewens   ここはどこでしょう。ストレッチャーに乗った人物は何をしているのでしょう。 Twitterに投稿されたこの写真にはつ ...

sky

天国の殺人者

  ウィリアム・サローヤン(William Saroyan)という作家をご存じですか。アルメニア出身の小説家・戯曲家で、おもに1930年代から40年代にアメリカで活躍した人物です。 彼の作品 ...

personalbranding

自分らしく、よりよく生きるためのヒント「パーソナル・ブランディング」

  企業のブランディングを、個人のブランディングに置き換えたらどうだろう、とずっと考えてきました。たとえばこのブログもそのフィールドワークの一つ。僕を「そらより」というブランドに置き換えたと ...

seawave

わからないことがあることをわかっていないこと

  息子に「君の名は。」は観ないの?と聞くと、同業者がただのミュージックビデオとやゆしてるくらいだから観ないと返ってきました。ちょっとちがうな、と感じ、たくさんの人がいいと思うものには何かし ...

hasedera

二つの観音像が彫られた。一つは大阪から海へと流された。鎌倉長谷寺縁起

  お盆の帰省中、鎌倉長谷寺に所縁のある方とお話しする機会を得ました。 鎌倉長谷寺の由来は奈良時代にさかのぼるとのことです。奈良県桜井市初瀬(はせ 古称はつせ)に長谷寺という同名の寺があり、 ...

engawa

花が咲くのも

  花が散るのも雨と風。花が咲くのも雨と風。   明るい座敷に新聞紙を広げ、落花生の殻をむきながら祖母はぼそっとつぶやいた。思春期にあった僕はその意味を尋ね、なるほどうまいことを言 ...

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 AllRights Reserved.