息子夫婦を訪ねるも玄関で撃沈する、の巻

投稿日:2017年11月29日 更新日:

mr_gestalt180_4

 

近所に住む息子夫婦のもとへリンゴを届けた。

義父が栃木の農家まで車で買い出しにいき、わが家に箱入りでおすそ分けしてくれる。この時分の恒例行事だが、今年は生後15ヵ月になるひ孫がリンゴを丸かじりできるようになったと聞き、わが息子夫婦のぶんもともう一箱余分に持ってきてくれた。

義父と義妹が久しぶりにわが家に来るというので、息子夫婦を呼び、四世代でお昼をいただく。

さて、お開きでの算段。

いただいたリンゴは10kgもある大箱でとても徒歩で持って帰れる代物ではない。義父が帰りに車で寄ろうと申し出てくれたが、運転手の義妹に不案内な路を遠回りさせるのは気の毒だ。わが家に車はない。息子夫婦も車を持たない。というわけで、翌日僕が自転車で届けてあげることにした。

 

dotabatajiji

Roberta Sorge

 

当日。

自転車に荷台はなく、前の買い物かごに載せる以外手立てはない。箱の角をかごの口に食い込ませてはみたものの、さすがにハンドル前に10kgの荷重。ふらつきを抑えるのに神経を使うことになる。しかも急停車でもしようものなら、半分以上かごからはみ出た箱が前に飛びだしかねない。

結局、ある程度のスピードを出すことで安定走行を確保したものの、赤信号では片手で箱を抑えふらつきながら停止する危険運転となった。

それでも道すがら、父は考えたのだった。

自転車をマンションの前に置き、部屋まで箱を抱え持っていく。息子の奥さんがお茶でも飲んでいってください、とすすめる。孫娘を抱いた息子もせっかくだから上がっていけという。じいじになれてきた孫娘も覚えたての作り笑顔で愛嬌を振りまく。となると、それを断り、玄関でトンボ返りしてはアレだ。息子の奥さんに冷たいひとだと思われかねない。息子にも上がっていけばよかったのにと後で言われそうだ。

ならば最初は断って、二度目に声をかけられたら快諾することにしよう。お茶でも1杯いただいて、ひととおり孫をあやしたら、用事があると言ってすぐ帰ることにしよう。

もともとお付き合いというのはさっぱりしているのが好きなので、どうにもこういうのが苦手である。招きに応じてみたもののその場を辞する際のタイミング、切り出す言葉などを考えるともう面倒でいっそのこと家に上がらないのが一番だと思ってしまう。今回はその信条を押し曲げての譲歩である。じいじのせいいっぱいの誠意であった。

さて、そんなこんなのシミュレーションとふらつき運転を経て、ようやく到着する。玄関のチャイムを鳴らすと、息子の奥さんが慌ててドアを開けてくれた。

「ああ、ありがとうございます。どこに置いてもらいましょうか」と奥さん。

「重いから部屋の中まで持っていこうか?」と僕。

「いや、やっぱり玄関でいいです」

「ここでいいの?」

気温の低い玄関のほうがリンゴが傷みにくいと考えてのことだろうと即座に納得するも、この受け答え、まるで自分から部屋に上がりたいと言っているようなものではないか!

そんな騒ぎを繰り広げていると孫娘を抱いた息子が現れる。

「ありがとう。ほらおじいちゃんだよ」と孫娘の顔を近づけるので、僕はぷっくりした手の甲と首を人差し指でつんつんとつつきご機嫌をうかがう。

まだ玄関だ。

息子が突然思い出したように奥さんに告げる。

「そうだお茶!」

とっさに僕は「ああ、いい、いい」とシナリオどおり辞退する。

「いや、お茶を」

と、そこまで言うのなら仕方ないとばかりに、しかしうすら笑みを浮かべ
「そう?!」と靴を脱ぎかける。

すると息子があわてて制止するではないか。

「いや、ごめんね。持って帰ってもらいたいお茶があるんだ」

部屋に引き返していた奥さんが小さな赤い紙バッグを持ち走ってきた。

「これ、お母さんに渡して」と息子から手渡される。

「ああ、ありがとう。じゃあ、これで。孫娘ちゃん、ばいばい、またねえ~」

帰り道、荷物がなくなり軽いはずの自転車だったが、どこかしっくりこない。気づけばサドルの位置がやけに低いではないか。ペダルをこぐと膝が思いのほか上がり、きっと無様な乗り方になっているにちがいない。そういえばこの前、つれあいが乗るというので身長に合わせサドルを下げていたのだった。

意気消沈の僕はそれを直す気力も失せ、低すぎる自転車をふらふらと西日に向かってこいだのだった。

 

ピックアップ記事(一部広告)


ランクアップに応援ください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sorayori

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京・吉祥寺にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。くらしとデジタルとこころにうるおいをお届けしたいと思っています。

人気の記事

1

最近ココナッツオイルがブームとかで、我が家にも常備されるようになりました。朝食のパンやサラダだけでなく、コーヒーに溶いて飲むというようなことをしています。たおやかな甘さが口の中に広がり、南国パラダイス ...

horeizaiinhair 2

  本格的な夏がもうすぐやってきます。みなさん暑さ対策、熱中症予防はどのように工夫していますか。 うちの娘ちゃんによると、ポニーテールが結べるくらいの髪の長さがあれば、かんたんでとってもよい ...

12本体アップ 3

  いったいどれほどの方に役立てていただけるかまったく自信がございませんが、ニッチな話題が好きなそらよりは今回噴霧器のレビューを書くのであります。(2016年5月8日追記 「使用後の洗浄」に ...

hanazo 4

「花ぞ」の花は梅 東進の「全国統一中学生テストTVCM」で、先生が板書をしながら生徒に注意をうながします。 「この、花ぞの花は梅だからな」 すると一人の生徒が手を挙げ質問します。 「なぜ桜じゃなくて梅 ...

rakuchinpack01 5

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

leplus01 6

  いままで900円台のイヤフォンを使っていた輩が、音がどうのこうのと申し上げるのは誠に恐縮なのですが、いやハイレゾイヤフォンの音の良さったらすごかったです。   スポンサーリンク ...

aircon_kojihikomi 7

  もう20年近く使ってきたエアコンが、この夏動かなくなりました。エアコンの買い替えはシーズンが替わる11月、それも水曜日が安いと耳に挟んだので、このたびちょい古な2016春夏モデルを購入し ...

EGT260DX01 8

50対1を守らないとどうなるか? 新規に購入した草刈機の最初の使用時に、間違って25対1の混合燃料を入れてしまいました。因果関係は不明ですが、エンジンが掛かりません。 こうした状況について推測できる範 ...

パスワード作成 9

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

pdfedit 10

無料で配布されているPDFビューア「Acrobat Reader(旧Adobe Reader)」はPDF文書の表示、検索、印刷、テキストやフォームの入力、注釈機能の使用が可能です。 しかし画像を挿入・ ...

スプレー容器 11

春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしばです。 そんな ...

sentakki_door03 12

  歳の瀬に朝から困ったことが起きました。洗濯機のドアが開かなくなってしまったのです。 2008年に購入したPanasonicのドラム式洗濯機NA-VR1200Lという機種です。購入してから ...

-そらよりの日々, ゲシュタルトくん, 愛でたきこと
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.