処方薬をジェネリック医薬品に変えるとどれだけ安くなるか

投稿日:2017年9月16日 更新日:

 

もう十数年来、高血圧でくすりを服用しています。最初は医師の処方に任せていましたが、治療が長引くにつれくすり代の負担が気になりだし、あるときからジェネリック医薬品への変更をお願いしました。するとくすり代が劇的に減ったのでシェアします。

ネット上ではジェネリックに変えてくすりが効かなくなった、という意見がちらほら見受けられます。僕はこれはプラシーボ効果の逆作用?ではないかと思っています。「高い新しいくすりのほうが効く」という思い込みがジェネリックの本来の効能にマイナスに作用しているのです。

食事の改善が進まない(減塩ができない)ためくすりの服用が長引いていますが、血圧は150から100前後で抑えられています。初診時、上が230に達しており、診察の前に1時間ほど病院のベッドで安静しておくよう勧められた僕としては、これで十分効いており満足しています。基本性能に差のないジェネリック医薬品で十分と考えています。たんにコストだけでなく、その点の踏まえてのおススメであることをご理解ください。

 

generic

freestocks.org

 

ジェネリックに変える前

高血圧の薬を朝と夕の2種、およそ50日分処方してもらっています。

下の画像は約7年前の領収書です。まだジェネリックに変える前でした。

generic01-2

その明細は

①初・再診料 122点
②医学管理等 235点
③投薬    1348点
④請求金額  5120円

となっていました。

 

ジェネリックに変えた後

同じ病院で、同じくおよそ50日分処方してもらった、2017年5月のものが、下の画像です。ただしこちらはジェネリック医薬品です。

generic02

その明細は

①初・再診料 125点
②医学管理等 235点
③投薬    676点
④請求金額  3110円

となっています。

①初・再診料と②医学管理等の点数はほとんど変わりがありませんが、投薬が676点と大幅に減っています。請求金額にすると5120円から3110円とマイナス約2000円・約40%も減額に成功! 

いかがですか? ジェネリックにしない手はないと思いませんか?

 

先生に言うのが苦しいという方は

ジェネリック=安いくすりにしてもらうことを医師にお願いしにくいというのが多くの方のご心情でしょう。僕もそうでした。でも、あるとき国民健康保険証の更新の際、便利なシールが添付されてきました。

それがこれです。

generic03

国民健康保険証に貼るだけで意思が表示できるものです。

処方薬を変更するため、かかりつけの先生にバレてしまうのは変わりませんが、直接言わなくていいのが何より手軽です。

実際、うちの先生からはジェネリックに変更すること(したこと)について何か言われたことは何もありません。

もしもシールが添付されてきたときは、あなたもぜひ保険証の空きスペースに貼りつけておくことをおススメします。

もしも失くしてしまったという方は「お名前、住所、保険証番号」と上の写真の文言を明記した文書をプリント(もちろん手書きでも)して、保険証に添えて病院・診療所の受付窓口に提出するとよいでしょう。

本当に、手軽にジェネリック医薬品に変えることができます。よかったら、ぜひ実行してみてください。

 

ピックアップ記事(一部広告)

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

gretel 1
aircon_kojihikomi 2
掃除機ヘッド掃除アイコン 3
sheet13 4
EGT260DX01 5
水虫ティッシュ01 6
sentakki_door03 7
babyfence09 8
viewsuica7 9
スプレー容器 10
issyopan 11
seiyuwater03 12
ichirinsha00 13
nitori_fryingpaneyec2 14
rakuchinpack01 15

-暮らしの発見, 豆知識
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.