姪の出産祝いにいくら包んだか(身内のご祝儀における悩ましきマナー)

投稿日:2017年10月28日 更新日:

 

じつは5万円包むつもりでおりました。しかし結局2万円に落ち着きました。なお、そのほかに木彫りのお食事用プレートとスタイをセットにし計4000円弱の品を添えました。

 

goshugi

Tim Bish

 

僕は兄妹二人です。妹夫婦には二人の娘がおり、今回は下の娘さんの初産のお祝いです。

じつは上の娘さんは昨年秋に初産を迎えており、その際は1万円のご祝儀と粗品を渡しました。その3ヵ月前に僕の長男に娘が誕生しており、お互い様ということで低く抑えました。

今回は若い共働き夫婦への応援のため奮発するつもりでした。実家のこたつでお祝い袋にお札を差し入れようとしたところ、母から「そんなに入れる?」と驚きの声があがりました。

実家は田舎の風土が根強く残る地域なので、大盤振る舞いが一般的です。母からそんな指摘を受けるのはやや意外だったので、問いただすと、なんのことはありません。母もじつは5万円渡そうとして、妹に叱られてしまったそうです。

子どものころから頭がよく、人望も篤かったひとで、何事につけ始末がよい。母も僕も、妹には一目も二目も置いています。

彼女の言うには「身内のひ孫にすぎないのにお金を積んで見栄を張るようなことをしてはいけない」とのこと。そして母からは3万円だけご祝儀として預かり、下の娘に渡したそうです。

その際、昨夏に産まれた僕の長男の娘(初ひ孫)にはまだお祝いを渡していないと母が相談したところ、“内ひ孫”なのだからお祝いをあげる必要はない、と一蹴されたそうです。

なるほど、ことごとく筋が通っています。

そうしたわけで、実家のこたつの上で僕は3万円を財布に戻し、2万円を包んだのでありました。

整理すると二人兄妹の妹の二人姉妹の下の娘さんの初産のお祝いは2万円。はたしてこれが一般的な例となるのか自信はありませんが、まあまあ妥当な線で落ち着いたのではないかと思っています。身内のご祝儀の金額にお悩み方がいらっしゃいましたら、一つご参考にいただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

sheet13 1
gretel 2
issyopan 3
ichirinsha00 4
掃除機ヘッド掃除アイコン 5
sentakki_door03 6
スプレー容器 7
求人広告250 8
rakuchinpack01 9
EGT260DX01 10
doshisha_chair 11
babyfence09 12
kusakarieyec 13
布団乾燥機アイキャッチ 14
パスワード作成 15

-くらす, スタイル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.