hoshigakichips02

甘柿をスライスして干したら美味しい干し柿チップスができました

投稿日:2018年11月1日 更新日:

先日、屋上の洗濯物の横にへんなものが干してありました。

hoshigakichips01

「あれは何ですか?」とつれあいにたずねると「あなたが実家から持ち帰った柿ですよ」と教えてくれました。あまりに大量で食べきれないのでスライスして干し柿にしたらどうだろう、というわけで、試しに2個だけむいてみたそうです。

およそ1週間後、それはこんなチップスになりました。

hoshigakichips03

指でつまむと少しだけシナっとなります。

1枚口にしてみると、これがなかなかいけました。

もともと庭先でほったらかしの柿の木ですから、甘味が薄かったのですが、干されたことにより味が凝縮。グンと甘くなりました。

そして噛んでしばらくすると、鼻孔にほのかに抜けるあの干し柿の香り。いや、こんなに小さな切れ端なのに一人前の干し柿になっていました。

天日干しなので、きっと栄養価も高いでしょう。

皮をむいて、種をとり、スライスする。手間のわりに得られた量はわずかなのでしょうが、僕にはよいおやつになりました。

hoshigakichips04

昔祖母が軒下の日向にむしろを敷き、渋柿を延々とむいては紐でくくっていました。その作業を終えると同じ軒先に竿を渡し、10cmほどの間隔でつるしていきます。

むかれた柿が並んでいるのを庭の反対側から眺めると、秋の透き通ったお日様に照らされ、それはそれは壮観なものでした。

渋柿が甘い干し柿になるまで何日かかったのでしょう。

もう忘れてしまうくらい日にちが経ってから、吊るされているのを一つ取って渡してくれました。

昔、昭和の半ばでも、田舎では甘いおやつは贅沢品でしたから、とても美味しく、うれしかったのを覚えています。

そんなことを思い出させてくれた、干し柿チップスでした。

 

created by Rinker
南信州ここだに
¥3,000 (2018/11/15 12:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

ピックアップ記事(一部広告)

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

sheet13 1
gretel 2
issyopan 3
ichirinsha00 4
掃除機ヘッド掃除アイコン 5
sentakki_door03 6
スプレー容器 7
求人広告250 8
rakuchinpack01 9
EGT260DX01 10
doshisha_chair 11
babyfence09 12
kusakarieyec 13
布団乾燥機アイキャッチ 14
パスワード作成 15

-ご馳走様, 暮らしの発見
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.