カルディオリジナル「ビーフカレー」がちょこっと贅沢なランチに最適だった

投稿日:2015年12月16日 更新日:

 

さて、みなさんお昼ご飯はいかがなされていらっしゃいますでしょうか。そらよりは夫婦ともども自宅を事務所にしての仕事のため、ほぼその都度調理しております。とはいえ毎日手作りのうどんやスパゲティ、丼物ではさすがに飽きるので、ときどき外から調達して参ります。予算はお弁当なら1食だいたい500円以内。生ラーメンやレトルトなら2食分で300円以内といったところでしょうか。

え? ちょっと貧しい? そうかもしれません。連れ合いともどもそれほどグルメというわけではないので、これくらいの予算でまあまあ満足しておる次第です。

そういうわけで今回ご紹介するレトルトカレーは、我が家にとってはちょっとした贅沢の部類に入るランチであります。カルディオリジナル「ビーフカレー」。1食320円(消費税8%込)の奮発です。 これが食べてみたら、期待通りの美味しさだったので、ご報告します。

 

スポンサーリンク

 

 

シンプルなパッケージです

海外の美味しいブランド品がひしめくカルディの店頭にあって、もしかしたら見逃してしまうかもしれません。それほどさりげないデザインのパッケージ。でも後から思えばそれはカルディオリジナルの自信の表れと受け取れます。よく見れば銅鍋でぐつぐつ煮える姿の美味しそうなこと。質実剛健の予感を漂わせ堂々としています。  

 

カルディビーフカレー01  

 

美味しさの主張

パッケージの裏を見るとこだわり所が書いてありました。 それは「炒めタマネギ、チャツネ、トマト」が味のベースであること。お料理上手で知られるタレントのタモリさんの作るカレーもタマネギをじっくり炒めることがポイントです。そらよりもそのレシピをマネして、ときどきカレーを作るのですが、たしかにタマネギの甘さとコクが格段にカレーを美味しくする。これをコピーの先頭に持ってくるあたり、王道の美味しさを期待でき、好感が持てます。

ちなみにチャツネとはフルーツを砂糖や香辛料などで煮詰めたジャム状の調味料のこと。インド料理の定番です。

また「牛肉とジャガイモ、ニンジン」を主な具材とし、「隠し味にコーヒー」が加えられています。パッケージを詳しく見ると「チョコレート」も隠し味にあるようです。この辺りも王道ですね。  

 

カルディビーフカレー00  

 

カロリー、塩分は?

カロリーは1食分325kcal。食品のカロリー比較ができる「カロリーSlism」によるとレトルトカレーの標準的なカロリーは同容量で236kcalですから、それなりに高めです。腹持ちはよさそうですが、ダイエット中の方は注意が必要でしょう。

パッケージの裏をもう一度見ると「より深く、濃厚な欧風カレー」とあります。この辺りがカロリーアップの要因かと思いますが、まあ、美味しい方がいいよね、のそらよりであります。

一方塩分は食塩相当量で2.5g 。同サイトで比較すると、こちらはほぼ標準といったところでした。ちなみに厚生労働省では2015年4月1日より日本人の1日のナトリウム(食塩相当量)の摂取目標量を男性8.0g未満、女性7.0g未満としています。お昼のこのカレーが3食分の1食と考えると、きちんと収まる計算です。  

 

カルディビーフカレー01-2

 

熱湯で7分

お待たせしました。では調理です。といっても温めるだけですけどね。冬場のため最長7分の熱湯加熱をいたしました。  

 

カルディビーフカレー02

 

ビーフと野菜がごろごろ

具材がしっかりとした形で入っています。200gの容量なので少し多めのご飯でも十分。  

 

カルディビーフカレー03

 

  ビーフは写真のサイズが1個と、この約半分のサイズが1個。脂身は少なく、噛み応えがあります。ぶりぶりしたのが嫌い、という方にお薦めです。

 

  カルディビーフカレー04  

 

味の感想

コクが深く、味もしっかりしていて大変美味しくいただきました。超コスパ高とは言えませんが、ちょい高めの価格に期待した以上の満足を得ることができました。 レトルトカレー選びはなかなか難しく、超高級だからといって必ずしも美味しいとは限らないというのがそらよりの印象でしたが、高い合格点であったことは間違いありません。食べ進むうちに、旨さが口を肥やし、さらに後を引いてくる。結局、最後まで飽きることなく一気に平らげていました。

カレー・シチューの美味しさをよく「銀座」の名前を借りて表現する商品がありますが、このカルディオリジナルの「ビーフカレー」は、東銀座の裏通りで古くから営んできた頑固オヤジの経営する小さなカレー屋の味ではないか。そんな感じの至って真面目なカレーでした。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)



ブログ人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

horeizaiinhair 1

  本格的な夏がもうすぐやってきます。みなさん暑さ対策、熱中症予防はどのように工夫していますか。 うちの娘ちゃんによると、ポニーテールが結べるくらいの髪の長さがあれば、かんたんでとってもよい ...

スプレー容器 2

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

hoshikata03 3

  家事に手慣れた方ならとっくに実践なさっているかもしれません。でも、一人暮らし初心者や家事が苦手など、まだご存じなかった方のためにシェアします。     ワキが臭くなる ...

デカ容器01 4

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-ご馳走様, 暮らしの発見

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.