俺たちのアニキ、の名前

投稿日:2016年9月11日 更新日:

2016年9月の言葉

猫シルエット

 

東京オリンピック直前の夏、僕は祖母の実家にいました。ささいなことですが繰り返し再生される記憶があります。

スイカを口いっぱいに頬張った僕は、座敷を走って横切り、きれいに掃き整えられた玄関先に勢いよく種を吹き飛ばします。孫の好き放題にさすがの祖母もバツが悪かったのか「ほらアベベだよ」とテレビに注意を向けさせようとしますが、調子に乗った僕はなかなかやめない。家の人たちは皆笑いながらやさしく見守ってくれていました。

kuchinashi

 

その家にはひと回り以上歳上の兄弟が4人いました。レコードで音楽を聴いたり、川で魚を釣ったり、洋画雑誌を見たり、人生で初めて、のいくつかはその兄ちゃんたちが体験させてくれました。

数十年後、たしか大叔父の法事のときです。座敷でお茶を飲みくつろいでいると、上から三番目の兄ちゃん(従叔父)が、ふと、僕に向かってつぶやきます。

「お前は俺たちのアニキの名前を継いだんだものなあ」

初耳でした。きょとんとしていると「おや知らなかったか」と仏壇の奥から古い位牌を取り出し見せてくれました。

じつは4人兄弟には生後3か月で肺炎で亡くなった長兄がいたのでした。僕が生まれたとき、その家から嫁いだ祖母が家長となった仲のよい弟を思い、その名前をもらったそうです。

昔は早くにして亡くなった子の名前を親類で受け継ぐということがよくあったそうです。生きられなかった命を受け継ぎ、丈夫に育つという習わしがありました。祖父ものん気なもので「あっちには合わなかったが、うちには合うかもしれない」と受け入れたそうです。僕の記憶では、祖父の知人の立派な人が命名してくれたことになっていましたから、相当戸惑いましたが、やがて少しうれしい心持ちさえし、むしろよかったと納得しました。

小学生の頃までロート胸で、肺も胃も腸も弱い子でしたから、果たして丈夫に育つという風習はあっていたのか、はなはだ疑問ですが、祖母の実家ではとにかく可愛がられた記憶しかなく、それはとても幸福なことであり、なんとなくありがたいことだったなと思ったのです。

祖母の実家には当時、くちなしの植え込みがありました。いまも白い芳しい香りの花がどこか懐かしいのは、僕の中にある「アニキ」の郷愁なのかもしれません。

 

 

ピックアップ記事(一部広告)


ランクアップに応援ください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

-そらよりの日々, 想ふこと在りて

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.