鰹節は上に乗せてはダメ!丼物をもっとおいしくする技があった!

投稿日:2015年9月15日 更新日:

 

うどん、そば、お味噌汁、お雑煮、親子丼、天丼などへの鰹節のチョイ足し技です。上からパラパラ振りかけるのが定番ですが、ひと工夫することで味がグンと引き立つのをご存じですか。  

 

スポンサーリンク

 

 

【1】鰹節は椀の底に忍ばせる

  鰹節は乗せるのではなく、予め椀の底に忍ばせておきます。下の画像をご覧ください。ほんの少しでかまいません。削りかすでもいい。とにかく、乾いたお椀の底に、このようにセットしておきましょう。

 

丼かつお節01  

 

【2】具材でフタをする

  出来上がったら、具材や汁を、ざあっと流し込まないでください。菜箸で具材の塊をいくつか摘まみ、先ほどの鰹節の上に、手早く乗せましょう。たとえるなら具材でフタをするイメージです。 これで鰹節を蒸らし、その風味を閉じ込めるのです。鰹節のうま味が引き出され、香りやコクがぐんと増すはずです。

 

丼かつお節02  

 

スポンサーリンク

 

風味を閉じ込めるカラクリ

  理由は簡単。次の解説図をご覧ください。

丼解説図01

 

鰹節を乗せただけでは風味が飛んでしまいます。

 

丼解説図02

 

熱い具材でフタをして、鰹節を蒸らし、閉じ込めることで香りとコクが倍増!  

 

350うどん

 

たったこれだけで美味しい椀物の出来上がり。食べるとき、いきなりかき混ぜたりせず、ゆっくり食べ進めば、後半から終盤にかけて鰹の風味が突然飛び出してきます。これに誰もが唸っちゃう。そして目を輝かせ、あなたに問うでしょう。「おダシ、変えた?」。いつもの鰹節で、ご家庭で簡単にできるので、ぜひお試しください。  

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)



ブログ人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

horeizaiinhair 1

  本格的な夏がもうすぐやってきます。みなさん暑さ対策、熱中症予防はどのように工夫していますか。 うちの娘ちゃんによると、ポニーテールが結べるくらいの髪の長さがあれば、かんたんでとってもよい ...

スプレー容器 2

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

hoshikata03 3

  家事に手慣れた方ならとっくに実践なさっているかもしれません。でも、一人暮らし初心者や家事が苦手など、まだご存じなかった方のためにシェアします。     ワキが臭くなる ...

デカ容器01 4

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-ご馳走様, 暮らしの発見, 豆知識
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.