ポケモンGOが使えない固まる遅い「低スペック格安スマホ」が遭遇する壁の対処法

投稿日:2016年7月24日 更新日:

2017年7月11日追記

回線速度の問題について

ポケモンGOバージョン0.63.7のリリース当初、サーバーへの接続がたびたび停滞し、位置認識やジムでのバトルが中断するなどの現象が見られました。これは一時的な人気復活による回線の混在が原因ではないかと見ています。

ちなみにそらよりは「楽天モバイル」(わが連れ合いはmineoドコモプラン)を使用しています。

もしも同様のケースで引き続きお困りの方は回線の変更もご検討されるとよいかもしれません。

なお通信回線による不具合については、本記事の「ポケストップをタップしてもちっとも反応しません、の壁」の章で「ポケストップでアイコンの看板が回せない原因」あるいは「ジムでのバトルにも影響」にて言及しています。興味のある方はこちらよりジャンプできます。

下の表は「格安SIMのリアルタイム通信速度比較ツールSIMW」による「楽天モバイル」「mineo(D/ドコモ)」の下り速度(東京都新宿区の1点定点観測)の比較です。深夜帯と、午前7時から午後24時までの昼夜の活動時間帯を比較すると著しい変化が見られます。混雑時は回線のパフォーマンスが相当低下しているようです。

▲出典:SIMW(比較ブランドや期間、上り下りはお好みの設定に変更できます)

 

 

スポンサーリンク

 

 

2017年6月24日追記・7月10修正

RAM1GBでの検証は終了しました

レイドバトル対応等に向け、6月21日よりバージョン0.63.7への大幅なアップデートが開始されました。この記事はその前のバージョンに対するもので、最新バージョンの検証は行っておりません。従来検証に使用していたHUAWEI Ascend G620Sが故障し、RAM1GBのロースペックなハードでソフトを稼働できなくなったためです。せっかくご訪問いただいたのに大変申し訳ございません。

ただしこれまで何度もあったアップデートで対処できた経緯もあり記事内容は有効な部分もあるのではと考えます。よって本記事は残しておくことにしました。よろしかったら最後までご覧いただけると幸いです。

なお現在の機種はCPU1.4GHz、RAM2GB、Androidバージョン5.1.1のASUS ZenFone Go ZB551KL。使用回線は従来どおり「楽天モバイル」です。

この機種も十分ロースペックといえるかもしれません。ポケモンGOバージョン0.63.7はリリース当初は人気が復活し回線混雑によるものと思われる影響がありましたが、現在は概ね問題なくプレイできています。オフィシャルの推奨環境は本日時点従来と変更ありません。

 

2017年4月10日追記

昨日ポケモンGOを起動しようとしたら「Failure to initialize!」というアラートが表示され、先に進めなくなりました。ポケモンGO固有のトラブルか、あるいはスマホ端末の一般的なものか、不明ではありますが、万が一お困りの方はこちらの記事をご参考になさってみてください。

failuretoinitialize01
ポケモンGOでFailure to initialize!が出たときの解決例

  昨日ポケモンGOを起動しようとしたらつぎのアラートが表示され先に進めなくなりました。 Failure to initialize! Your hardware dose not supp ...

続きを見る

 

この記事はポケモンGOローンチ当初、以下の画像に表示する項目での問題について解説しておりました。現在これらのいくつかは改善され、あるいはその対処法が一般化しております。そこでこの問題の解説は記事の後半へと送ります。以下前半はバージョン0.63.7にアップデートされる前の状況とその時点でのかんたんでほぼ万能であった対処法をご紹介します。

 

pokemon

 

最近の状況と対処法

新しいポケモンが追加されたことで、コレクションと育成の幅が広がり、どんどんツボにはまっているそらよりです。ローンチ当初、低スペック格安スマホではさまざまな不具合が発生していましたが、急速に改善されつつありますね。

アプリ自体がブラッシュアップされたこともあるでしょうが、爆発的なブームが去り、ポケストップやジム付近での回線にゆとりができたことも理由にあげられるかもしれません。

また使用を重ねわかってきたのは、ほとんどのトラブルはアプリの再起動あるいはスマホ本体の電源を再起動することで改善できることです。

たとえば

・アプリが勝手に終了してしまう
・歩いても画面が移動しない
・ポケモンの名前を変更するための入力画面が立ち上がらない

これらは現在も頻繁に発生しますが、そらよりはマルチタスク画面でポケモンGOアプリをいったん終了しアプリ再起動、あるいはスマホ本体の電源を切り、再度起動することで対処しています。結局、これがもっとも早いことに気づきました。

2016年12月29日追記

ただしこの再起動による対処法も完全ではないことがわかりました。

ポケモンGO運営側はGPSの誤差を利用した移動距離の獲得を不正に近い行為として監視しています。再起動時にまさにその現象が発生し、不正行為と混同される恐れがあります。事実そらよりは昨日、ロボットによる操作ではない旨の認証操作が求められました。

pokemon161229

 

上記画像で「私はロボットではありません」にチェックを入れ、次の画面で指定された条件の画像操作によって認証しました。

これが表示されたということは、不正行為の疑義が生じたという証拠です。再起動操作はあまりやりすぎないように注意しましょう。

 

2017年3月6日追記

とはいえ、移動してもついてこない場合などは1時間に3回と相変わらずのペースでアプリを再起動していますが、その後上記のアラートが出ることはありません。運営側に一定の理解が得られたと判断してよいのかはわかりませんが、まあ、とりあえずこれくらいのペースなら大丈夫そうです。

 

また、当初この記事ではRAMメモリ最適化のために専用アプリ「メモリーブースター」の使用をおススメしてきましたが、2016年12月1日、マルウェアの感染源の可能性があることが判明しました。詳しくは「Gigazin(こちらのサイト)」。よって、現在は推奨をとりやめています。メモリの効率的な活用方法は「lifehacker(こちらのサイト)」の記事が参考になります。

さらにアプリの保存先をSDカードへと移動していましたが、こちらも現在は本体へと戻してます。

 

pokego161214

 

上の画像は「設定」>アプリ「アプリを管理」>「Pokemon GO」で表示される「アプリ情報」です。バージョン0.49.1で「メモリ」は左のスマホ本体に保存した場合が合計300MB、SDカードに保存した場合が合計400MBとなっています。その差は「アプリ」の重さです。SDカードに保存した場合のほうが100MB重くなっている。SDカードとスマホ本体との信号のやりとりにかかるディレイはわずかでしょうが、この重さが反応・表示速度に影響するのではと考えました。そのためポケモンGOはできるだけスマホ本体に保存しておくことにしました。

なお、そらよりの使用しているスマホ本体のスペックは以下のとおりです。

 

格安スマホ/SIM MVNO:楽天モバイル(docomo回線)
端末:HUAWEI Ascend G620S
センサー:ジャイロセンサーなし

 

pokemon01

 

このスペックが最新の端末に比べどれだけ劣るのか、2016年6月24日発売の「Xperia X Performance SO-04H」を例にとるとよくわかります。

CPU 2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)クアッドコア
RAM 3GB
Androidバージョン  6.0
センサー:ジャイロセンサーあり

そらよりの端末の処理速度の遅さ、キャパシティの少なさがご理解いただけると思います。

ちなみにオフィシャルの推奨環境(2017年6月24日現在)は

Android版
Android 4.4以上
720x1280 pixels以上(タブレットは最適化されていません)
Intel CPU搭載端末はサポート対象外
ネットワーク環境(Wi-Fi, 3G, or 4G)
GPS、位置情報サービス

▲出典:Pokemon GO トラブルシューティング

となっています。RAMについては言及していませんが、一部のメディアでは「2GB以上」としているところもローンチ当初はあったようです。とりあえずそらよりは1GBでなんとかなっているので、許容範囲なのかもしれません。

 

さて以上が、最近の問題と対処法です。

つぎにポケモンGOローンチ初期におもに発生した問題への対処法を解説します。現在も当てはまる方がいらっしゃればぜひご参考にしてみてください。

 

インストール(アップデート)したいのにメモリが足りません、の壁

ポケモンGOで遊ぼうとして、まず困ったのが、メモリの残量が足りなくてインストールできないことでした。これまであまり端末ストレージの空き容量など気にしたことはなかったでのすが、おかしいなと思い、「設定」>端末「ストレージ」でチェックすると400MBちょっとしか空きがありませんでした。ポケモンGOのメモリ合計は当時191MB。それでもインストールには空き容量が足りないのですね。

 

pokemon02

 

ざっと見ていくと「キャッシュデータ」がメモリの無駄遣いをしていました。現在は調整し「150MB」となっていますが、じつはここで1GB以上消費していたのです。このデータはきっとOS処理やアプリ表示を早くするための一次保存データに過ぎないはず。消去しても問題ないでしょう。この項目をタップすると「キャッシュデータの消去」画面が表示されるので「OK」をタップします。

ギガクラスの空きができ、ポケモンGOを無事インストールすることができました。

そらよりはSDカードを装着しています。ここで、今後のためSDカードに移動できるポケモンGO以外のアプリを「設定」>アプリ「アプリを管理」から移動しておきました。

上から順番にアプリをタップし

 

pokemon04

 

「アプリ情報」画面の「SDカードに移動」ボタンをタップしていきます。

これでさらにスマホ本体のメモリに空きができます。

 

スポンサーリンク

 

 

ARモードでポケモンが消えます、の壁

しかし最初のポケモンを捕まえようとしたら問題が。画面でカメラがONの状態となる「ARモード」にするとマップ上にいたポケモンが消えてしまいました。

原因はスマホにジャイロセンサーが搭載されていないためでした。そういえば「傾きが検知できません」というアラートが出ました。詳細はこちらのサイト(*1)で。またご自身のスマホがジャイロセンサー付きか否かはメーカーサイトあるいはこちらのサイト(*2)で確認できます)

ここは仕方ありません。「ARモード」をOFF。マップ表示にして、ポケモンをようやくゲットしました。

参考:*1 情報科学屋さんを目指す人のメモ *2 SIMフリー遊び

 

 

そのまま出掛けると心配です、の壁

当初、外出時に予め設定しておくべきこととして「起動中のアプリの終了」「バックグラウンドで起動中のアプリの終了」を推奨してきました。しかし冒頭で「メモリの効率的な活用方法」としてリンク先をご紹介したlifehackerの記事(2016年12月22日)でいずれも効果がないとされていました。よって以下の設定のみで対応することとします。

 

ポケモンGOの「設定」を開き

音楽 なし
効果音 なし
振動 チェック(ポケモン登場を知らせてくれる)
バッテリーセーバー チェック(端末を下に傾けるとバッテリーセーブ)
※それでも長時間の外出には予備のバッテリーは不可欠です

pokemon03

 

 

歩いても歩いてもGPSがついてきません、の壁

ポケモンGOを手に家の外に繰り出し、新たな問題が発生しました。今度はGPSがついてきません。移動しても地図上のキャラが動いてくれず、ずっと同じ場所のままなのです。iPhone6を持つ連れ合いはちゃんとGPSが生きています。これではモンスターボールやアイテムが手に入るポケストップに行けないし、第一ポケモンと遭遇できない。

下の画像をご覧ください。ポケモンGOのMAP表示の左上です。赤枠で囲んだようにモンスターボールが現れ回転することがあります。これはポケモンGOの通信レベルが低下しているか、サーバーへのアクセスが滞っていることのサインです。こんなケースが続くとやがて画面上部に赤い帯が現れ「GPSの信号をさがしています」の通知が表示されたりします。

 

pokego0805_03

 

そらよりがおススメする対処法はまずポケモンGOアプリの再起動。そしてそれでも改善しない場合は冒頭でもご説明したスマホ本体の電源の再起動です。

そらよりはリセット後すぐに歩きはじめます。再表示が終わるのを待つ時間がもったいないので(笑)。しばらく歩いて近くのポケストップを確認した後、ポケモンが近くにいる振動のサインが出るまで端末を下に向け(スリープ状態)歩き回ります。

 

ポケストップをタップしてもちっとも反応しません、の壁

GPSが働き、ポケストップにたどりつけ、任意の場所でポケモンも見つけられるようになりました。でも、今度はポケストップでアイコンの看板が回せません。つまりモンスターボールやアイテムが簡単には手に入れられないという問題です。

対処法の一つはポケストップのある位置に留まり、アプリがしっかり認識するのを待つことです。所要時間は30秒ほどでしょうか。もしもポケモンがいたら先につかまえておきましょう。待ち時間が節約できます。

いくら待っても固まったままの状態の場合は、アプリを再起動あるいはスマホ本体を再起動してみましょう。これでほとんどのケースが解決できます。

ポケストップでアイコンの看板が回せない原因は格安スマホ特有の「通信回線の混雑」が関係しているのではないかと思われます。平日に同じポケストップを訪ねたところアイコンは苦もなく回りました。辺りにスマホ通信をやってそうな人はいませんでした。このことから通信回線が混雑しがちな繁華街や人気のスポットでは相当な苦戦を強いられることが予測されます。

 

shinjuku

 

「通信回線の混雑」とは格安スマホ(MVNO)の場合「大手キャリアの3G/4GネットワークとMVNO設備の間が有線でつなげられているために起こる」(*3)現象で、アクセスが集中すると速度の低下を招いてしまうようです。

出典:*3 G-Phone 

 

また格安スマホ業者によって加入時期で回線の速度に変化があるようです。そらよりは楽天モバイルですが、こちらのサイト(*4)によると(旧)の分類に入るようで(新)よりも遅いそうです。

出典:*4 格安SIMとスマホ比較

 

こうした通信回線の速度の問題はジムでのバトルにも影響が出るようです。近くに4~5人のユーザーがいる環境で戦いを挑んだところタップの反応が遅くバトルになりませんでした。手も足も出ず完敗でした。人の多い場所を避け、なるべく格安スマホユーザーの少ない時間帯を狙う必要があるのかもしれません。これは必ずしもポケモンGOのプレイヤーの数に限ったことではありません。時間帯としてそのエリアでどれだけの人が格安スマホを使っているのかということが肝心です。

2016年7月30日土曜日、帰省しました。駅近くの神社に一つ、そして道すがらに一つ、ジムはそれだけ、ポケストップはいっさい見当たらないエリアでした。ジムではスムーズに対戦することができました。やはり格安スマホの回線速度の問題はゲームに大きく影響しているようです。

 

以上、そらよりがポケモンGOで壁に直面した際に対処した解決法でした。もしかしたらあなたのスマホにはあなたのスマホなりの対処方法があるかもしれません。いろいろチャレンジし独自の技を編み出していただきたいと思います。それもポケモンGOのゲームの一部と考えると頑張り甲斐もひとしおではないでしょうか。

では、みなさまもたのしいポケモンGOライフを。

しかし、一つのゲームで大勢の人々が公園をゾンビのように歩き回る光景は初めて見ました。世界は予測できない未来でできている。そんな当たり前だけど見過ごしていた事実を改めて肝に銘じたポケモンGOでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)



ブログ人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

horeizaiinhair 1

  本格的な夏がもうすぐやってきます。みなさん暑さ対策、熱中症予防はどのように工夫していますか。 うちの娘ちゃんによると、ポニーテールが結べるくらいの髪の長さがあれば、かんたんでとってもよい ...

スプレー容器 2

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

hoshikata03 3

  家事に手慣れた方ならとっくに実践なさっているかもしれません。でも、一人暮らし初心者や家事が苦手など、まだご存じなかった方のためにシェアします。     ワキが臭くなる ...

デカ容器01 4

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-モバイル, モバイル&PC
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.