除雪機(家庭用・店舗用)の購入・取り扱いはココに注意!

投稿日:2017年9月24日 更新日:

異常気象の影響でこれまで豪雪の心配がない地方でも驚くほど雪が降り積もることがあります。除雪のための準備は、より多くの地域で求められているといえるでしょう。そこで今回はご家庭や店舗でのご使用に向いた中小型タイプの除雪機について調べてみました。

 

snowblower01

Filip Mroz

 

除雪機とは?

一般に雪をかき、遠くへ飛ばす装置を「除雪機」と呼びます。道路や鉄道の除雪を乗車して行う「除雪車」と呼び分けられています。

雪国などでは冬の過酷な作業であった雪かきを省力化するものとして普及が進んでいます。

 

除雪機にはどんなタイプがあるの?

駆動方式

電動モーター、エンジン、ハイブリッドの3方式があります。

電動モーター式

玄関前や庭の駐車スペースなどの雪かきに最適。コンパクトで手軽に使用・収納できます。

電源は家庭用コンセントとつなぐケーブルタイプとバッテリータイプの2種類あります。ケーブルタイプは800Wから1200Wクラスが一般的ですが、なかにはエンジン式に見劣りしない1600Wのハイパワークラスも。W数は除雪容量に比例し、数値が高いほど除雪量も増大します。エンジン式を保有している場合、2台目として購入するケースも。手押し式がほとんどです。

おもな除雪能力(2017年9月24日そらより調べ)

最大投雪距離:10m前後
除雪幅:最大50cm前後
除雪高:最大30㎝前後
最大除雪量:最大10トン前後/時間

除雪能力は機種により異なります。詳しくは各メーカーにおたずねください。

 

エンジン(手押し)式

玄関先や庭回り、狭い通路などの雪かきに最適。エンジン(手押し)式は電動モーター式と同様コンパクトなものが少なくありません。そのため取り回しがよく狭い場所もラクラク作業。さらに電動式に比べケーブルやバッテリーの制限を気にせずより広い範囲を除雪できます。ただし傾斜や凹凸のある場所には適しません。

おもな除雪能力(2017年9月24日そらより調べ)

最大投雪距離:10m前後
除雪幅:最大45cm前後
除雪高:最大30㎝前後
最大除雪量:最大22トン前後/時間

除雪能力は機種により異なります。詳しくは各メーカーにおたずねください。

 

エンジン(自走)式

アスファルトの広い駐車場を持つ店舗にも対応。5馬力から11馬力前後が主流か。寒冷地仕様のエンジンやヒートハンドル、夜間作業用のライト、タイヤよりも走行性能が高いクローラーなど、より専門性の高い機能が充実。別売りのアタッチメントでスノースイーパー(雪掃き)やスノーブレード(雪押し)を装着できるものも。より硬い雪に対応するためオーガ(回転刃)の枚数、形状などにも各メーカーの工夫が。

おもな除雪能力(2017年9月24日そらより調べ)

最大投雪距離:17m前後
除雪幅:最大85cm前後
除雪高:最大50㎝前後
最大除雪量:最大60トン前後/時間

除雪能力は機種により異なります。詳しくは各メーカーにおたずねください。

 

ハイブリッド

エンジンで除雪、モーターで走行するタイプもあります。

 

そのほか

除雪機には能力によって適した雪質があります。雪質はシューターの雪詰まり、投雪距離に影響するのでとても重要です。メーカー各社「新雪」「湿った雪」「しまった雪」「硬い雪」「みぞれ」など適した雪質を表示しているのでチェックしておきましょう。

また見落としがちなのがシューターの材質です。プラスチック製の場合、砂利をかきこむと排出時に割れてしまうことがあります。

 

お得な価格帯は?

価格はまちまちです。総じて高機能なエンジン(自走)式が高価格となっていますが、高額なメーカー品と同等以上の機能を持つお求めやすい価格帯の製品もあります。

除雪機は購入者によって使用場所が特定されるケースがほとんどです。用途・地形・面積・雪質などを考慮し適した除雪機を選ぶのが重要でしょう。

 

いつ購入するのがいいの?

除雪に関する道具・機器は雪が降ってから購入しようとしても遅い、とよく言われます。あらかじめ準備しておくのが大切。販売店によっては9月から予約販売を行っているところもあり、早い時期ほど高い割引率を適用する傾向にあります、

 

あとで困らないためには?

格安品も魅力的ですが、機械製品は万が一のトラブルに備えサポート体制の充実しているメーカー・販売店を選ぶべきでしょう。また国内外の利用実績も性能への信頼性を計るうえで重要なチェックポイントです。

 

取り扱いに注意すべき点は?

内閣府(出典:内閣府防災情報のページ)によると「平成25年度の大雪による死者の75%は65歳以上の高齢者」でした。またその「69%は除雪作業中」。さらにその「5%が除雪機に巻き込まれた」ことによるものです。取り扱いには十分注意すべき機器なのですね。

そのため内閣府では必ず「エンジンを切ってから!除雪機の雪詰まりの取り除き」を訴えています。

また北海道庁は除雪機を使用する際の注意点として

(1)服装に注意!→機械に巻き込まれないように!
(2)トラブル時はエンジン停止!→雪が詰まった等、トラブル時はエンジンを必ず停止!
(3)周囲も確認!→通行人や子供などに十分注意を!
(4)除雪道具はこまめに手入れ、点検を!

を挙げています。

これらに関し作業者が最も危険にさらされる「トラブル時のエンジン稼働」について、入念な安全策を施しているメーカーもあります。

たとえば「キーを抜いた状態ではエンジンがかからない」「ハンドルグリップを握らないとオーガ(回転刃)が回転しない」「走行と刃の回転のクラッチが別々になっている」など。

除雪機購入時にはこうした点も十分考慮したいですね。

 

注目したいハイガーの除雪機

じつは除雪機に興味をもったきっかけはハイガーの除雪機を知ったことからでした。

ハイガーの除雪機は

ヨーロッパを中心に毎年15万台以上出荷されている除雪機。
中国工場でOEMによる大量生産を実施し信頼性の高い製品を低コストで提供している。
2009年の販売開始から2016年12月までに除雪機販売総数が8,500台を突破している。
全国10か所に修理協力店がある上、サポート受付窓口がワンストップで一元化されている。
日本郵便局株式会社信越支社に多数の納品実績。2016年も多数の除雪機が各地の郵便局に。
そのほか学校や公園など公共施設でも利用されている。
メーカー直販なので中間コストがなく価格設定がシンプル。さらにパーツの供給も確実。
実店舗があり、取り扱い製品もガーデニング機器・農業機械・建設機械と幅広いため安心感がある。

などの特徴があります。

特に高品質な製品を求めやすい価格で提供している点に注目。除雪機というニッチな分野ですが、ここにも企業努力の目が行き届いているのだと感心しました。

国内有名メーカーの製品を購入して安心するか。格安メーカーの製品を購入してお得な気分に浸るか。従来はどちらかでしたが、これからは「安心」と「お得気分」の両方が味わえる。そんな時代の到来を確信した次第です。

除雪機選びの新しい時代に、この記事がお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク:「ハイガーの除雪機」の詳細はこちらで

高機能でリーズナブル!バリエーションも豊富な「ハイガーの除雪機」

ページ中断左に取り扱いメニューが表示されています。「除雪機」の項を選択してお進みください。

 

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

nitori_futoncover01 1

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

布団乾燥機アイキャッチ 2

  家電の寿命というのは突然訪れるもので、これまで便利に使っていたふとん乾燥機がこの度お亡くなりになりました。春の訪れまで、まだしばらく時間がかかりそうなこの時期、ふとん乾燥機のない生活はい ...

rakuchinpack01 3

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

ikea_driver02 4

  2017年2月6日追記 「通りすがりの者」さんから次のご指摘をちょうだいしました。 イケアの家具に使われているプラスねじは「ポジドライブ」というイギリスの規格なので、日本のJIS規格のプ ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-快的グッズ, 暮らしの発見
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.