冷奴。蕎麦。サラダうどん。だしの旨味際立つ「創味のつゆ」がおすすめ!

投稿日:2018年7月24日 更新日:

レビューを条件に「創味のつゆ」を手に入れました。さっそく食してみたのでその感想をシェアします。

「創味のつゆ」は「創味シャンタン」でおなじみの「創味食品」の商品です。となると期待値マックスとなるのが「旨味」。「創味シャンタン」の感動を「つゆ」でも実現しているのかが興味の中心となります。

結論から申し上げるとその「旨味」は、ほかの和風液体調味料と比べあたまひとつ抜き出ていました。

実際に試してみたのがつぎの三つ。冷奴、蕎麦、サラダうどんです。

 

ただの冷奴がご馳走に!

souminotsuyu07

冷奴には「創味のつゆ」をストレートで。

普段はしょうゆでいただくのですが、立ちはだかる塩味が、豆腐本来の大豆の奥深い風味をかき消してしまっていたことに気づきました。こちらは和風のだしが豆腐とマッチして、豊かな海と山の調べとなり口の中に広がります。

「創味のつゆ」の特徴は「昔ながらの製法で炊き出したかつおぶし、さばぶし、にぼしの『一番だし』のみをたっぷり配合した濃厚つゆ」であること。魚のだしが存分に活かされているところですが、まさにその本領が“弁慶”となり冷奴の味を引き立てています。

そしてほのかな甘みがかみ砕いた豆腐に寄り添いどこまでも夏の涼をたのしませてくれるのでした。

 

いままでのめんつゆは甘すぎた!?

souminotsuyu09

さてつぎは蕎麦です。

今夏すでに何度も食べている冷やですが、飽きていたのは蕎麦ではなく、めんつゆの甘さであったことに気づきました。

今回のつけつゆは規定どおり「創味のつゆ」1に対して水3。ひと口すすったときは甘さが足りない?と感じましたが、すぐさまだしの風味が鼻を通り抜け、さっぱりとした繊細な蕎麦の味わいが広がりました。

こちらも「創味のつゆ」の旨味が蕎麦を引き立ててやみません。

めんつゆの甘さに美味しさを感じているうちはまだまだ。大人への階段を上らせてくれた「創味のつゆ」でした。

 

旨味が台無しと思いきや

souminotsuyu05

さて、最後はサラダうどんです。

見てください。この傍若無人な味付け。マヨネーズに七味唐辛子、画像ではわかりませんが、ごま油も掛かっています。普段はここにめんつゆを掛けていただくのですが、今回は「創味のつゆ」を掛けてみました。

旨味も風味も台無しな組み合わせかと思いきや、ここではしっかりわき役に回り、和風味のベースとなり働いてくれました。

ふだんのめんつゆではあとのほうで甘辛過ぎることもあるのですが、いよいよ汁とうどんだけになったときだしの旨さが際立ってきました。

「創味のつゆ」には申し訳ないけど、ぜいたくに使いたいと思いました。

 

「創味のつゆ」はどこが違う?

souminotsuyu06

三つの料理を試してみて「創味のつゆ」のポジションはどこだろうと考えてみました。

塩味と甘味と旨味をそれぞれ頂点とする三角形に配置してみると、塩味の筆頭は薄口しょうゆ、甘みの筆頭はめんつゆ。そして旨味の筆頭に「創味のつゆ」が来るのではないでしょうか。

しょうゆと比べるとやや甘味寄り。ぐっと旨味寄りにあります。

白だし、だししょうゆと比べるとやや甘味寄り。そしてやや旨味寄り、といったところです。

「創味」ならではの堂々のポジショニングです。

 

気働きの効いた注ぎ口

souminotsuyu04

味だけでなくパッケージングにもじつは関心しました。注ぎ口は細く、本体を指で押すと中身が飛び出す仕組みです。

これが適量を注ぐのにとても便利でした。いきなり飛び出さないから、掛けすぎない。足りなければ、足りるまで少しづつ足せばよい。ミニマルな時代にぴったりな設計といえるでしょう。

ちなみにキャップの部分にご注目ください。中心に凹みがあります。これはふたをしたとき注ぎ口を密閉するためのもの。保存時の酸化を防ぐために設けられています。

「創味」さん、ニクいですね。

 

素材を引き立てるつゆ

souminotsuyu08

お家でいつも最高の素材をそろえるのは、ちょっと無理があります。スーパーのセールで買ってきた素材にも、旬の味があるのだから、それを活かすことにこだわったほうがよほど賢い。そこで「創味のつゆ」を取り出すのが、お家料理人の腕前というものではないでしょうか。

「創味のつゆ」ぜひ一度、味わってみてください。

 

created by Rinker
創味食品
¥321 (2018/08/15 18:22:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

ピックアップ記事(一部広告)


ランクアップに応援ください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
sheet13 2
aircon_kojihikomi 3
cutter_trable 4
gretel 5
viewsuica7 6
sentakki_door03 7
child_safty01 8
sigezo_cheesecake01 9
水虫ティッシュ01 10
issyopan 11
shou5zukeitoubun01 12
金魚6匹 13
sakurasake 14
aircon_trouble 15

-ご馳走様, 暮らしの発見
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.