すみがきアイキャッチ

さすが小林製薬!炭で磨く「スミガキ」はカッキーンとなる爽快さだった

2016年2月10日

 

歯磨き粉など、もはやどこのメーカーも同じもの、とタカをくくっていたら、これには目を剥きました。かつてない見た目。かつてない味わい(?)。そしてかつてない磨き心地。それはそれは新鮮な歯磨き体験でした。さすが小林製薬。ネーミングだけではない、機能においても確固たる差別化を実現する社風をいかんなく発揮して、期待を裏切りません。

 

炭だから黒!

チューブから中身を出すと、こんな感じです。

 

すみがき04

 

はい真っ黒です。だって炭が入っているから。

 

すみがき01

 

こんなの歯に付けて大丈夫かなあ?と思い、確認したら、ちゃんと書いてありました。

 

すみがき03

 

なるほど。それなら安心。

またこのペーストは普通の歯磨き粉より、ちょっとゆるい。横にすると、滴り落ちる心配があります。ちなみにこのまま12時間放置してみたら、噛んだガムのように固くなりました。口に入れると元どおり柔らかくなったので、どうやら水分によって状態が変化するようです。使用後はキャップをしっかり締めましょう。

 

馴れてくるとマスカットの味

口に含んだ第一印象は正直、よいものではありませんでした。ミントとメントールが激しく主張しあい、薬品で消毒されている感じ。決してお口に優しいというものではありません。でも、これが不思議。2回、3回と使用を重ねていくと、なんだか甘く感じるではないですか。強いて例えればマスカット? フルーティでさえあります。

 

カッキーンと来る磨き心地

「スミガキ」の最大の特徴は、やはり口をすすいだ後の爽快感です。先ほどまでの心地よいミントとメントールの刺激が残り、油分や汚れをすっきり洗い落としたような感じがします。息もきっと雪の女王の魔法のように白く鮮やかなはず。

もしやこれも炭のおかげ?と思い小林製薬の製品ページを確かめてみると、こんな図がありました。

小林製薬スミガキ

出典:小林製薬

 

なんと炭の微粒子が歯垢やニオイ成分をしっかりからめ取ってくれているんですね。香りによるものだけではなく、事実、口の中がクリーンになって爽やかだったのです。

凄いぞ炭!というわけで小林製薬の「スミガキ」。遅ればせながら絶賛おススメのオーラルケア商品です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれの還暦おじさんです。妻と娘と猫と息子夫婦と孫娘ちゃんがいます。現在は母の面倒を見るためひとり実家に出向いています。「くらしとこころに」うるおいを降り注ぐポストをめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
掃除機ヘッド掃除アイコン 2
パスワード作成 3
gretel 4
issyopan 5
sorayorirunface640 6
babyfence09 7
パーティ開け11 8
aircon_kojihikomi 9
seiyuwater03 10
oikos01 11
eggpack 12
デカ容器01 13
sigezo_cheesecake01 14
ichirinsha00 15

-くらす, スタイル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2019 All Rights Reserved.