「 癒し 」 一覧

misohagi

おはぎとミソハギ

2018/9/15    

おはぎの美味しい季節になりました。 子どものころ、ぼたもちとおはぎは別物だと信じていて、僕はだんぜんおはぎ派でした。なぜかぼたもちは餅をあんこで包んだもの、おはぎは半殺しについ ...

budoudana

隣家の葡萄棚

2018/9/9    

緑の硬い粒が、やがて深い黒紫色にふくらみ、たわわな逆三角形の房があちこちに垂れ下がる。幼いころに見た葡萄は、とても神秘的で美しいものでした。 僕は秋になると垣根の下にしゃがみ込 ...

tamamushi

僕がひとを好きになる瞬間

2018/8/28    

お盆の墓参りでのことです。 線香の束を手に持ち、先祖の墓に供えていると、先におさごと花を供え仕事を終えたつれあいが「わあ、見て見て。タマムシ!」と声を上げました。近づくとなるほ ...

hulagirl

フラガール。もうすてたら、と言われたTシャツ

2018/7/27    

これは20年ほど前、ハワイで購入してきたTシャツです。小学5~6年生だった息子へのお土産にと5枚ほど選んだうちの1枚でした。 Tシャツなのにはじめは強烈なココナッツの香りがして ...

スポンサーリンク

uranai2

ちょっとした不安をやわらげるための占いってアリだと思う

2018/7/22    

占いが好き わりと占いを信じるほうです。 神社のおみくじが好きだし、ルネさんや細木さん、現代ではゲッターズさんのひとことが気になるし、女性誌を手に取ると巻末の占いは必ず読んでい ...

torishima

小説「漂流/吉村昭」の44年後鳥島でジョン万次郎が見たものは

2018/6/28    

私的体験 実家のある海沿いの集落から平坦地を1キロほど陸側に入ったところに、その坂道はあります。小高い丘の取りつきの斜面に沿って刻まれた道は曲がりくねり、四つの折り返しを経て、 ...

summer_sleep_eye

寝室の冷房が寒くて寝苦しい?僕はコレで解決しました!

2018/6/27    ,

寝室に冷房をかけて寝るとき、寒くて夜中に目が覚めてしまうことがありませんか。 僕は暑がりで、そのくせ寝冷えでお腹を壊しやすいので、いつもつぎのように夏掛けを使い寝ています。 夏 ...

leftlightgame

1歳10ヵ月の孫娘に、おじいちゃんは育てられる

2018/6/17    

幼な子には、この世界が善意で満ちていることを教えるべきなのか、それとも悪意の存在を教えておくべきなのか、ふと悩みました。     昨日、1歳10ヵ月になる孫 ...

doshisha_chair

フリーランスの仕事部屋にハイバックメッシュオフィスチェアOC-001がおススメ!

2018/6/6    ,

バンバン稼いじゃってるフリーランスの方にはおススメしません。海外高級デザイナーズブランドのオフィスチェアで成功を謳歌してください。 でも、これからブレイクする予定のフリーランス ...

スポンサーリンク

miyazakimango01

宮崎マンゴーキャンディが濃厚な味と香り、めっちゃ長持ちなくちどけでおススメ!

2018/5/29    

「バスタ新宿」の隣りでこじんまりと営業している宮崎県のアンテナショップ「KONNE」。先日、そこで「宮崎マンゴーキャンディ」を買ってみました。 宮崎県といえばマンゴー。そのマン ...

goro

熱唱する小学生たちはみんな彼に憧れていた

2018/5/27    

Yは小学校低学年からの友人です。彼は快活で、声が大きく、下校時はいつも僕らの先頭を歩いていました。気弱な僕は、1年生のはじめの頃、よくYにいじめられ泣いて帰ったものです。 ある ...

takase00

タカセ池袋本店でアップルロールを買ってきた!クリソを飲んできた!

2018/5/25    

JR池袋駅東口のロータリーを隔てた正面にある老舗の洋菓子・パン店「タカセ」に行ってまいりました。 わがつれあいにとっては学生時代からのお馴染みのお店。娘ちゃんもときどき仕事帰り ...

mizoreudonkatsuwoume

たっぷりの大根おろしにかつお梅!梅雨寒のお昼にみぞれうどんがおススメ!

2018/5/24    ,

今年(2018)の5月は寒暖の差が激しく体調がすぐれないという方も少なくないのでは。このまま梅雨に突入したら、ただでさえ細り気味の食がさらに進まない状況になりかねません。 ここ ...

blind

恋のブラインド掃除

2018/4/27    

息子家族がくるというのでブラインドを掃除しました。嫁さんに、はずかしくない実家にしてあげたい。せめてもの親心です。 木製のブラインドはほこりが目立ちます。ダイニングからキッチン ...

スポンサーリンク

ichiroan

漱石が愛した柏もち?なるほど旨い根津神社そばの和菓子店「一炉庵」

2018/4/6    

あんこが好きです。 つれあいはつぶあんがよいと申しますが、僕は断然こしあん派です。豆をつぶし、こした、さらさらの粒状感を舌と喉で堪能するのが好み。当然味はさっぱり目がよい。水あ ...

dontaskmyname

微笑む祖母に僕の名前をきかないで

2018/3/31    

祖母は脳梗塞で倒れ、その後およそ7年間、介護施設で過ごしました。当時、僕は30歳代前半で、遠く離れた場所で仕事をしていました。   Photo by Gabriela ...

aromaboy14

1979年の青春を小さなコーヒーメーカーが連れてきた

2018/3/26    

1979年、あなたは何をしていましたか? 僕は大学生で学習塾講師のアルバイトをしていました。商業高校に通う女の子と恋をした夏。造成地の真ん中にぽつんと置かれたブルドーザー。二人 ...

shortperm

妻が髪型を変え若返ったとき夫は

2018/3/12    

めずらしく髪を伸ばしていたつれあいが美容院でバッサリ切ってきた。 もともとショートボブがお似合いで、ずっとその髪型だったのだが、昨年の秋ごろから、どんな心境の変化か伸ばし始め、 ...

humidifier

春先のわが家のマスト家電「加湿器」!花粉症対策におススメです

2018/3/8    ,

僕の花粉症 僕はかつて重度の花粉症でした。きっかけは息子の校内マラソンです。初めての中距離走ということで練習のため公園でいっしょに走ったところ、連日午前様の忙しさで体が弱ってい ...

スポンサーリンク

nekonade009

(ネコナデ009)猫と暮らす上で最も何気なくそれでいてキュンとなる瞬間

2018/2/21    ,

  わが家のパステルミケ娘様は毛足が長く、体が大きく、骨太です。肉球の間から毛がはみ出していることからも、たぶん「メインクーン」の血が混ざっているのだと思われます。 ...

daidai01

自然由来の芳香剤!橙(だいだい)でトイレがほんのりシトラスの香りに

2018/2/21    ,

  実家の正月飾りを片付ける際、藁に結んだ橙(だいだい)がまだみずみずしく、すてるのはもったいなく思えたので、家に持ち帰ってきました。 橙はポン酢の材料になるというだ ...

tooihanabi

母と、遠い打ち上げ花火。

2018/1/5    

母の実家には大きなクルミの木がありました。すぐ目の前は崖で、下はゆるやかな坂道です。高台の林地が終わり、開けた扇状地がはじまる。その境目が母の実家でした。 ある年の夏まだ小学生 ...

pechat01

ボタン型スピーカーPechat(ペチャット)をぬいぐるみにつけると!

2017/12/27    

  今年のクリスマス。1歳4ヵ月の孫娘ちゃんにおしゃべりなおともだちができました。     ボタン型スピーカーPechat(ペチャット)を首につけ ...

kitayanodaifuku01

西荻窪「喜田屋」の豆大福がなかなか買えない!

2017/12/13    

  西荻住みの息子に「喜田屋」の豆大福が美味しいと教えられました。 ならば手土産にとお店をたずねますが、だいたいお昼前には売り切れてしまうようで、なかなか購入すること ...

スポンサーリンク

dotabatajiji

息子夫婦を訪ねるも玄関で撃沈する、の巻

2017/11/29    

  近所に住む息子夫婦のもとへリンゴを届けた。 義父が栃木の農家まで車で買い出しにいき、わが家に箱入りでおすそ分けしてくれる。この時分の恒例行事だが、今年は生後15ヵ ...

nekonade008

(ネコナデ008)ただひたすらに撫でられるのがお好きなパステルミケ娘様

2017/11/20    

  5歳も半年が過ぎましたわが家のパステルミケ娘様。最近は意思表示のレベルが格段にアップしまして、イスに座りパソコンに向かっておりますと、ニャアニャアおねだりしてまい ...

inspiredoll

メイク、マニキュアも!もう一人の私を創造するInspireDoll。モスクワから

2017/11/8    ,

  最後にお人形あそびをしたのはいつですか。大人になったから、もういらない。それは本心だったのでしょうか。今回はあなたに、ジュエリーのように美しい、大人のための空想ツ ...

nekataeye

夫婦で一つのベッド「狭き15分」と「愛の37分」とは!?

2017/11/5    

結婚当初、約束したことの一つに「ケンカしてもいっしょのベッドに寝ること」というものがありました。言葉を交わさなくても触れ合いさえ守ればきっと仲直りできるという彼女の知恵によるも ...

kaki

渋柿と甘柿と、青空とキジ

2017/10/29    

  子どものころ、柿はわざわざ収穫にいくものでした。耕運機で5分ほど走った畑の奥に数本の木があり、高く伸びた枝先には、青空を背景に黄色い実がたわわになっていました。 ...

スポンサーリンク

kuchibue

うちの子は口笛を吹く

2017/10/21    

  子どものころ、口笛を吹くと祖母に叱られたものだ。泥棒が相棒を呼ぶ怖いもの、と教えられた。でも、一人で下校するとき、暗い雑木林でさみしくないぞとばかりに大きな音で口 ...

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.