静かな湖畔の森の影から、もうここには誰もいないと幻がささやく

投稿日:2016年2月18日 更新日:

 

突然迷い込んでしまった夢の中の風景のようです。ハンガリーの首都ブダベストから5km弱ほどの郊外にある町Szödligetでアマチュア写真家Viktor Egyedは偶然この廃墟を発見しました。

 

Viktor Egyed 01

▲出典:Viktor Egyed Behance

 

きっと口を開け、目を見張ったことでしょう。恐る恐る足を踏み出し、この不思議な佇まいを確かめようとしたでしょう。何かいけない場所に来てしまったあの感じ。たとえば野山を歩いていると、茂みを抜ける曲がり路にふと嫌な予感がよぎることがあります。なぜかはわかりませんが、見えない向こうに、これ以上近付いてはならないと本能が教えます。彼も最初はそんな畏怖を覚えたに違いありません。

 

Viktor Egyed 02

 ▲出典:Viktor Egyed Behance

 

写真を紹介する「COLOSSAL」では、この場所を「漁村」と表現しています。また写真家は「魚釣り湖」と説明しています。一つひとつの小屋が住居にしてはあまりに小さいため、恐らく集落は別の場所にあり、ここは漁具の置き場だったものと思われます。

さざ波さえ立っていないことから、沼ほどの大きさなのかもしれません。それぞれの小屋の前で、漁師が釣糸を垂れていたのか。あまりに牧歌的な風景が目に浮かび、別の宇宙のことのように思えます。あるいは畔に小舟をもやい、沖の漁場に漕ぎだして行ったのでしょうか。いずれにしろ何らかの原因で漁獲高が激減し、漁をする者が誰もいなくなり、やがてうち捨てられてしまいました。

 

Viktor Egyed 03

▲出典:Viktor Egyed Behance

 

しかし、なんと妖しく美しい眺めでしょう。水面にシンメトリーに映る世界は、精霊の棲家か。かつての漁民がふと姿を現しそうです。アーティストのセルフプロモーションサイト“Behance”で、この世界を堪能することができます。

 


Viktor Egyed04
Viktor Egyed Behance

 

 

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

nitori_futoncover01 1

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

布団乾燥機アイキャッチ 2

  家電の寿命というのは突然訪れるもので、これまで便利に使っていたふとん乾燥機がこの度お亡くなりになりました。春の訪れまで、まだしばらく時間がかかりそうなこの時期、ふとん乾燥機のない生活はい ...

rakuchinpack01 3

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

ikea_driver02 4

  2017年2月6日追記 「通りすがりの者」さんから次のご指摘をちょうだいしました。 イケアの家具に使われているプラスねじは「ポジドライブ」というイギリスの規格なので、日本のJIS規格のプ ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-みるよむあそぶ, 好きコレ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 AllRights Reserved.