白い花の幻想が白人ヘイトに結びついてしまったInstagramのある投稿

投稿日:

5月、休耕田の草刈りのため実家に帰り、Instagramに載せたい写真をいくつか撮ってきました。

写真が好きといっても一眼を持っているわけではありません。何を見て、何を感じ、何を切り取ったかがシャシンの基本と心得ているので、いつでもどこにでも持ち歩けるコンパクトカメラが昔から好きでした。

頑なにその場所にいると、デジカメはスマホで十分となります。ピントが合っていなくてもおかまいなし。僕の目だってもともと精巧なわけじゃないんだし。そんなわけで僕のインスタはスマホでパシャリとやったものばかりです。

一眼ファンの方のお気に障るようでしたらごめんなさい。これは僕のスタイルであり、一眼による写真を非難しているわけではありません。

さて、庭の池の横に、見事な白色のカラーの花が咲いていました。

空を向いたロートの中央を覗くと、黄色い仏炎苞(ぶつえんぽう)との対比が美しい。グッと寄って花弁の内側にフォーカスしました。

whiteout01

そらよりInstagram:DUCKBUS

はじめにつけたタイトルは#whiteout。降りしきる雪で視界が閉ざされる現象を初夏の花に写してみました。

いつものように見知らぬ外国の数人の「いいね」がつき、運がよければコメントもいただける。今回もそんな感じで終わるはずでした。いやそんな感じで終わったのですが、コメントに複雑な思いを抱いたのでした。

上の画像の二つ目のshawndkennedy9氏のコメントにご注目ください。グッジョブを示すものと僕には意味のわからない(スマホでは手を振っているように見える)アイコンが並んでいます。

whiteout02

アカウントからその人物のInstagramを確認すると、特定の人種を鼓舞するようなマッチョでセレブリティな日常の写真が並んでいました。

彼は#whiteoutを「White(白人)」「Out(出ていけ)」と受け取ってしまった恐れがあると僕は思いました。

その誤解は、そして彼と結びついたことでその誤解が拡散されるのは、とても不本意なことです。慌ててタイトルを花そのものの名前である「#callally」に変更しました。

極東に暮らす初老の男が、ただInstagramであそんでいるだけで、人種問題の片棒を担いでしまう。それほど世界が混迷していることに、僕は少々困惑しています。

 

この記事はwiredで紹介されたあるミュージックビデオに触発されまとめたものです

https://wired.jp/2018/05/18/this-is-america/ 

 

ピックアップ記事(一部広告)


ランクアップに応援ください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
sheet13 2
aircon_kojihikomi 3
cutter_trable 4
gretel 5
viewsuica7 6
sentakki_door03 7
child_safty01 8
sigezo_cheesecake01 9
水虫ティッシュ01 10
issyopan 11
shou5zukeitoubun01 12
金魚6匹 13
sakurasake 14
aircon_trouble 15

-そらよりの日々, 想ふこと在りて
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.