紀貫之先生、なぜ桜ではなく梅なんですか?そのもう一つの答え

投稿日:

「花ぞ」の花は梅

東進の「全国統一中学生テストTVCM」で、先生が板書をしながら生徒に注意をうながします。

「この、花ぞの花は梅だからな」

すると一人の生徒が手を挙げ質問します。

「なぜ桜じゃなくて梅なんですか?」

さて、あなたはその理由をご存知でしょうか。これには受験に役立つ答えと、受験にはたぶん役立たないけどなかなか興味深い答えの二つがあります。

 

hanazo

 

受験対策のための答え

そもそもあの先生は黒板に何を書いていたのでしょうか。画面にのぞく「花ぞ昔」の文言から、つぎの和歌が想像できます。

人はいさ心も知らず 
ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける

出典:古今和歌集 紀貫之

平安前期の歌人・紀貫之の有名な歌です。

現代語に訳すと

ほかのひとのことはどうかわかりませんが、故郷のように慣れ親しんだこの場所は、梅の花が昔なじんだあの香りを漂わせています

となるでしょうか。

「ほかのひと」が唐突に思えますが、この歌には詞書(前書き)があります。そしてこの前書きに「なぜ梅か」の答えの一つが示されています。

つまりこの歌は、久しぶりに訪れた宿の主人に無沙汰を問われた際に、庭先の梅を手折って詠んだものなのです。

そう教えられると、貴族の粋な立ち居振る舞いがリアルに浮かび上がってきますね。場の情景と心の情景を同時にとらえた素晴らしい歌です。

この前書きを知っているか、知らないかで歌の趣がまったく異なります。受験ではたぶんその知識が問われるのでしょう。

 

もう一つの答え

ではなぜ紀貫之は「梅」とはっきり読まなかったのでしょう。なぜ「花」と詠んだのでしょう。

「ふるさとは梅ぞ昔の香ににほひける」

とすれば、もっとわかりやすい歌になったはずです。

それは当時、花と言えば梅だったからです。「梅」と言葉にすることは言わずもがな、歌詠みの作法を知らぬ野暮な行いだったのです。

和歌森太郎の「花と日本人」には

「万葉集」に現れる花の中では、萩の花についで梅が最も多い」
「梅の花は、よくかざし、かずらに用いられたものだが、春の酒宴や遊興に集う大宮人にとって、梅を身につけることは、欠かせぬ飾りであった」
「梅が大陸から渡来の樹であった事情によってか、唐風文化に傾注した、教養ある貴族のこれに寄せる関心は深かった」
「梅が中国の詩人に早くから多くとりこめられたので、彼地の詩にならって、漢詩をつくるものも、いきおい梅に詩材を求めることになり…」

出典:和歌森太郎「花と日本人」角川文庫(絶版)

とあります。

万葉集は「延暦25年(806年)以降」(出典:ウィキペディア)に完成されたのではないか、とされています。

一方、紀貫之の生没年は866?~945?年ごろ(出典:ウィキペディア)。

紀貫之が「花ぞ昔の香」と詠んだとき、すでに「香る花といえば梅」という貴族文化が定着していたと十分推測できます。

さて設問に戻りましょう。

「なぜ桜ではなく梅なのか」

つまりもう一つの答えは「当時、貴族は唐風文化にあこがれ、漢詩によく詠まれた梅が、春の風情を象徴する花だった」からです。それゆえ貴族が常泊する宿の庭には梅が植えられ、貫之も梅を題材にして詠んだのでしょう。

その和歌がうまれた文化の背景を知ると、鑑賞の質もまた変わってくるものですよね。

紀貫之先生、華やかな流行の先端をゆく、なかなかのイケメンだったようです。

 

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

nitori_futoncover01 1

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

布団乾燥機アイキャッチ 2

  家電の寿命というのは突然訪れるもので、これまで便利に使っていたふとん乾燥機がこの度お亡くなりになりました。春の訪れまで、まだしばらく時間がかかりそうなこの時期、ふとん乾燥機のない生活はい ...

rakuchinpack01 3

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

ikea_driver02 4

  2017年2月6日追記 「通りすがりの者」さんから次のご指摘をちょうだいしました。 イケアの家具に使われているプラスねじは「ポジドライブ」というイギリスの規格なので、日本のJIS規格のプ ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-そらよりの日々, 視座ぶとん
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 AllRights Reserved.