観葉植物に水をやりすぎて鉢皿からあふれそう!そんなときはコレで解決

投稿日:2016年12月18日 更新日:

 

観葉植物の水やりは表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりやるのがコツ。新鮮な空気が根に行きわたり元気よく水を吸ってくれます。注水が少ないと根に届かなかったり、根腐れの原因になりかねません。本当は一度ベランダなどに出して水やりをするのがベストです。でも重い鉢になるとそれもままならないのが現実ではないでしょうか。

 

そこでついついカンを頼りに水を注ぐことになるのですが、鉢皿からあふれでそうになることがしばしばです。たとえぎりぎりで止まったとしても、そのままではやはり根腐れの原因に。なんとかしなくてはなりません。

しかし両手でなければ持ち上がらない大鉢では、一人で皿を替えられず、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。でもあんしん。そんなときはコレで解決しましょう。

 

スポンサーリンク

 

小さい鉢皿を用意

大皿の淵の下に重なるように小皿を置きます。

 

ぞうきんの角を三角に折る

ぞうきんを用意し、角が細くなるように三角に折ります。乾いたぞうきんがベストですが、固く絞ったものでもかまいません。

mizuyari03

 

ぞうきんの角を大皿の水の中に

細く尖らせたぞうきんの端をあふれそうな水の中にそっと刺し入れます。ぞうきんの反対側は広げ、小皿に収まるようにおきます。

 

毛細管現象が働き水が小皿に移動

ぞうきんの繊維によって毛細管現象が働き、水が吸い取られます。高低差があるので、水は小皿にはきだされます。およそ40分ほどで、このとおり。

mizuyari05 mizuyari06

 

ぞうきんを絞りさらに吸水

小皿が水でいっぱいになったら、いったん取り出し、ぞうきんを絞ります。小皿の水もすて、再度セットします。開始から80分で、ここまで吸い取ることができました。

mizuyari07 mizuyari08

 

これなら床にこぼすことなく、鉢皿から水を抜き取ることができます。困ったときは、ぜひお試しになってみてください。

 

さらにこんな記事はいかがでしょう(広告があります)


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

nitori_futoncover01 1

  家が安普請のせいか、冬の寝室が寒いんです。ベッドの窓側に寝ているそらよりは右半身がとくに冷える。羽毛ふとんを使っていますが、すでにヘタり、毎年厚手の毛布を上にかけカバーしています。 &n ...

布団乾燥機アイキャッチ 2

  家電の寿命というのは突然訪れるもので、これまで便利に使っていたふとん乾燥機がこの度お亡くなりになりました。春の訪れまで、まだしばらく時間がかかりそうなこの時期、ふとん乾燥機のない生活はい ...

rakuchinpack01 3

  キッチン用保存容器の条件とは お料理上手の条件は段取り上手。手にヨリをかけて作ったせっかくのご馳走も冷めたり、伸びたりしては台無しです。美味しいものを美味しいうちにテーブルに並べるには、 ...

ikea_driver02 4

  2017年2月6日追記 「通りすがりの者」さんから次のご指摘をちょうだいしました。 イケアの家具に使われているプラスねじは「ポジドライブ」というイギリスの規格なので、日本のJIS規格のプ ...

パスワード作成 5

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 6

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 7

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

-暮らしの発見, 豆知識
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.