宮崎マンゴーキャンディが濃厚な味と香り、めっちゃ長持ちなくちどけでおススメ!

miyazakimango01

「バスタ新宿」の隣りでこじんまりと営業している宮崎県のアンテナショップ「KONNE」。先日、そこで「宮崎マンゴーキャンディ」を買ってみました。

miyazakimango01
宮崎県といえばマンゴー。そのマンゴーピューレを100%使用ということです。きっと美味しいに違いありません。

 

高級マンゴーの香りと味わいがヤバい!

さっそくひとつ口に放り込んだら、まず香りがひろがりました。そしてしっかりとしたマンゴーの味。甘味料により人工的に作られた甘さではありません。フルーツならではのほのかな酸っぱさがあいまった、どこまでも深い甘露の世界へと引き込まれます。なめたあといやなオリが口の中に残ることもありません。さすが、スライスした高級マンゴーを食べているような香りと味わいです。

 

たっぷりなくちどけ時間がうれしい

しかも驚いたのは、その「くちどけ時間」。硬く作られているのか、なかなか溶けてなくなりません。僕は最後までなめ切らず、途中でかみ砕いてしまうクセがあるのですが、それでも小さくかみ砕けるようになるまで11分掛かりました。つれあいは「普通のキャンディの3倍長持ち」と感心しています。

miyazakimango02

口の中ですぐ溶けてしまうのでは、たんなる糖分摂り過ぎキャンディ。長持ちであれば本来の目的、たとえばお口をスッキリさせたい、喉の乾燥を防ぎたい、ひと休みしたいときなどに、たっぷり時間をさくことができ、ちゃんと役目を果たしてくれます。

バッグに忍ばせておけば、いつでも、どこでもぜいたくなマンゴータイムがたのしめます。

本格的な味わいなので、隣りのお友達に差し上げてもきっと喜ばれるに違いありません。

「えっ?ナニコレ?美味しい!」

おしゃべりの新しいネタにもなりそうです。

オフィシャルサイトのネットショップでもお求めいただけます
宮崎マンゴーキャンディ(のど飴タイプ)(57g)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください