本当は恐ろしい!?「グレーテルのかまど」(不気味な妹の不在)

投稿日:2016年10月23日 更新日:

 

NHK Eテレの「グレーテルのかまど」(毎週月曜 午後10時放送)をご存じですか。瀬戸康史扮するヘンゼルが、しゃべる「魔法のかまど」(声:キムラ緑子)にさまざまなスイーツの作り方を教えてもらうメルヘンなお料理番組。録画するほどではないですが、ザッピング中に見つけると必ず手が止まり、最後まで観てしまう好きな番組の一つです。

 

スポンサーリンク

 

さてその番組のタイトルなんですが、ちょっと疑問に思うことがありまして調べてみたんです。

というのも我が愛しき連れ合いがですね。「グレーテルは姉」だと言うのです。だってほら、番組の最後で「お姉さんお帰り」となるお決まりの展開があるじゃないですか。それを根拠に「姉のかまど」と言い張るわけです。

そこで本家NHKのホームページを見ると、こうありました。

・“大人になったグレーテルたちへ”。
 仕事や子育てなどで忙しい毎日を送る女性たちに

・15代ヘンゼル(瀬戸康史)と魔法のかまど(キムラ緑子)

▲出典:NHK「グレーテルのかまど」

「かまど」の所有者についての具体的な記述はなく、手掛かりになりません。

ただ

・ヘンゼルは男子である
・かまどは魔法の力でしゃべることができる
・姉は仕事に忙しい大人の女性らしい
・姉は大人になった「グレーテル」らしい

ということがわかります。

あれ? ちょっと待ってくださいよ。グレーテルってグリム童話では姉でしたっけ?

 

gretel

 

グレーテルはどこへ行った

正確なところを知るため「ヘンゼルとグレーテル」に関する研究論文を探し出しました。大手前大学の大島浩英氏が2009年に発表したものです。そこでは初稿と初版、ほぼ決定版となった第7版との詳細な相違が述べられています。

氏の論文によると初稿と初版の違いとして

初稿でのBrüderchen(兄)、Schwesterchen(妹)に対してそれぞれHänsel(ヘンゼル)、Gretel(グレーテル)という一般的な実名が与えられることにより、物語に具体性が増している。

▲出典:大手前大学論集『グリム童話集』初稿、初版、第7版における「ヘンゼルとグレーテル」の変化について 大島浩英 著

が挙げられています。

そうですよね。きょうだいは兄と妹でしたよね。ヘンゼルとグレーテルは森の中で見つけたお菓子の家に招き入れられ、老婆によってまず兄が、つぎにまだやせている(と見せかけた)妹が食べられそうになった物語でした。

グレーテルは妹です。

さて、番組に戻りましょう。そう、登場人物は弟と姉、「魔法のかまど」だけでした。グレーテルがいない。おかしいですね。

もしかしたらタイトルに秘密が隠されているのかもしれません。検証してみましょう。

「グレーテルのかまど」の「の」には二つの意味があります。

一つは所有を意味する「の」。

であるとすれば所有者の不在です。どこか遠くへ旅行にでも行っているのでしょうか。あるいはすでに嫁いでしまったか。いやいや天国に? やだ! なんだか事件の匂いがしませんか。

また一つは状態を意味する暗喩の「の」

つまり「母ちゃんの鬼!」の「の」ですね。今回のケースに当てはめると「グレーテルはかまど」という意味になります。え、かまど=グレーテル? どういうことなのでしょう。

いずれにしろ、グレーテルの不在は、トゥルーストーリーの存在をほのめかしているようで不気味です。

 

グレーテルを消した?「魔法のかまど」

forest「グレーテルのかまど」にはもう一つ謎があります。それは「魔法のかまど」の存在です。

ここでもう一度童話に戻ってみましょう。

初稿では「お菓子の家に住む老婆」が初版から

老婆は悪い魔女で、子供たちを待ち伏せし、おびき寄せるためにパンの家を建てた

▲出典:大手前大学論集『グリム童話集』初稿、初版、第7版における「ヘンゼルとグレーテル」の変化について 大島浩英 著

となります。すなわち「老婆は魔女」です。

また

ヘンゼルを食べる前にパン焼き釜でグレーテルをも

▲出典:大手前大学論集『グリム童話集』初稿、初版、第7版における「ヘンゼルとグレーテル」の変化について 大島浩英 著

とあります。

童話に登場する釜は「パン焼き釜」と特定されていることが判明しました。パンが焼けるのですから、お菓子も焼けるでしょう。さまざまなお菓子で彩られた家は、当然この「パン焼き釜」で作られたにちがいありません。

そして物語のクライマックスで賢いグレーテルは

老婆に手本を示すよう依頼し、老婆を釜の中に突き飛ばし

▲出典:大手前大学論集『グリム童話集』初稿、初版、第7版における「ヘンゼルとグレーテル」の変化について 大島浩英 著

fireなんと残忍な所業でしょう。必死とはいえグレーテルによって死に追いやれた老婆の悔しさ、恨みは相当なものだったはずです。

さて、ここから番組の「魔法のかまど」が何であるかを推理します。ヒントは「魔女」と「パン焼き釜」。そう。「魔法のかまど」はあの「魔女」が突き込まれた「パン焼き釜」だったのではないでしょうか。ならばお菓子づくりについてあんなに詳しいのも納得です。

しかし、どうしてグレーテルに恨みを持っていたはずの「パン焼き釜」は、いつもご機嫌なのでしょう。

もしかしたらそれは「パン焼き釜」が、すでに恨みを果たしているからではないでしょうか。つまりかまどがグレーテルを食べちゃった。なんとも悲惨なファンタジーですが、それならグレーテルの不在もつじつまがあいます。

 

秘められたトゥルーストーリー

これまで検証してきたことから「グレーテルのかまど」には、つぎのような真実の物語が裏に存在すると考えられます。

ある家に引っ越してきた兄と妹。
たまたまヘンゼルとグレーテルという名前だった。
しかし、そこにあったのは
あの魔女が乗り移った「パン焼き釜」。
その偶然の出会いが悲劇の始まりだった。

ある日、兄に食べさせてあげようと
お菓子作りをしていた妹グレーテルは
兄の目の前で
恨みを持つかまどに飲みこまれてしまう。
かまどの呪いによって
老いを止められた兄は
恐怖におびえながら
お菓子を作り続けなければならない
無間地獄に陥る。

妹グレーテルがもしも生きていれば
今年はいくつになっただろう。
そう思い続けているうちに
いつしか兄の年齢を超え、
彼女を姉と思い込むようになっていった。
気の狂った兄ヘンゼルは
姉と慕うグレーテルの帰りを
永遠に待ち続けるのだった。

しかし彼の望みが果たされることはない。
なぜなら「グレーテルはかまど」だから。

 

僕の説を信じるか、信じないかは、あなた…あ、ちがう番組か?

 

※「ヘンゼルとグレーテル」の物語で、ヘンゼルと書き直される前の記述Schwesterchenは、正しくは「姉あるいは妹」を指すものであり、どちらかを特定しているわけではないと言われています。この記事は「妹」と但し書きのある大手前大学大島浩英氏の論文に基づき記述しました。最初に「諸説あり」とすればよかったのかもしれませんね。「もしも妹だとしたら」という遊び心でご理解いただけると助かります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

スプレー容器 1

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

デカ容器01 2

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 3

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

求人広告250 4

  就職、転職には人それぞれ、さまざまな理由があります。この記事は次のような人のためのものです。たとえば長くその会社で働きたい。たとえば人間らしい心を捨てずに働きたい。たとえば尊敬できる人に ...

補色01 5

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 6

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

355百均カラカラ 7

  キャットフードのストック、お宅ではどのように管理されていますか。わが家には2匹のお猫様がいらっしゃって、猫缶とサイエンスダイエットなどのいわゆるカラカラを小分けにしてあげています。猫缶は ...

-みるよむあそぶ, 好きコレ
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.