自然由来の芳香剤!橙(だいだい)でトイレがほんのりシトラスの香りに

投稿日:

 

実家の正月飾りを片付ける際、藁に結んだ橙(だいだい)がまだみずみずしく、すてるのはもったいなく思えたので、家に持ち帰ってきました。

橙はポン酢の材料になるというだけあってそのままではとても食べられたものではありません。ただその文字どおりの明るい橙色が目に鮮やかで、部屋の飾り物としては最適です。そこでダイニング・テーブルの木の器にバナナや蜜柑、キウイなどといっしょに並べていました。

それからしばらくたったある日。トイレに半切りの橙が飾られていました。なるほどつれあいが芳香剤の代わりに置いたのでした。

 

daidai01

初老の夫婦の家には似つかわしくないと思えるほどのビタミンカラーのアクセントです。生身の果実にハッとしましたが、トイレに立ってこのポジティブなセンス。なかなかわるくありません。

もちろん、嫌みのないさわやかなシトラスの香りがほんのり鼻孔に漂います。「自然由来」とよく言いますが、この橙芳香剤は100%天然果実。ひとにやさしいことこの上なしのフレグランスです。

トイレを終えたら、なんとなくおや指とひとさし指でギュッとつまんでしまいました。そのときイメージしているのは果肉からはじける果汁の粒。新鮮な香りが部屋に舞い上がる様子です。

今朝、キッチンでつれあいが橙の半切りの切断面を薄く削り取っていました。表面が乾いたので、切り戻すのだそうです。

輪切りになった片方も裏返して芳香剤になっていました。

例年になく凍える寒さの2月。このひとといっしょになってよかったと思うのでした。

 

daidai2

 

ピックアップ記事(一部広告)


ランクアップに応援ください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

EGT260DX01 1
sheet13 2
aircon_kojihikomi 3
cutter_trable 4
gretel 5
viewsuica7 6
sentakki_door03 7
child_safty01 8
sigezo_cheesecake01 9
水虫ティッシュ01 10
issyopan 11
shou5zukeitoubun01 12
金魚6匹 13
sakurasake 14
aircon_trouble 15

-暮らしの発見, 豆知識
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.