ファンデーションやカレーまで洗い落とせる液体洗剤「ウタマロリキッド」がスゴかった!

投稿日:2017年7月12日 更新日:

 

部分洗い用液体洗剤「ウタマロリキッド」が手に入ったので、その洗浄性能をテストしてみました。

 

utamaro_r04

 

用意したのはごく一般的な夏用のワイシャツ生地(ポリエステル65%、綿35%)に、左からケチャップ、カレー、しょうゆ、ファンデーションを付着させたもの。A、Bの2枚を用意し、Aに「ウタマロリキッド」を使用してみました。

付着させたのは午後2時。洗浄テストをはじめたのは19時間後の翌日午前9時。下の画像はテスト直前の状態を撮影したものです。

 

utamaro_r05

 

まずAの布の試料付着部分に原液を直接かけます。(商品パッケージに記載がなかったので今回は実施していませんが、「ウタマロリキッド」をつける前に汚れた部分を水で十分濡らします。

 

utamaro_r06

 

そして両手でたんねんにもみ洗い(カメラを持たなくてはならないため画像は片手)。ファンデーションがなかなか落ちず、およそ5分間、およそ5mlの原液を費やしました。

 

utamaro_r07

 

付着させた試料が目立たなくなったので、洗面器に溜めた水で軽くすすぎました。汚れが落ち変色した水に洗浄力への期待が高まります。

 

utamaro_r08

 

すすぎ直後の状態がつぎの画像です。カレーを付着させた部分にやや色残りが感じられますが、ほかの試料はほとんど落ちています。

「ひどい汚れのときはもみ洗いの後、きれいな水またはぬるま湯に「ウタマロリキッド」を適量(水1リットルに対し1ミリリットル)混ぜ、つけ置きする(出典:ウタマロリキッド)」とさらに効果がでるそうです。

 

utamaro_r09

 

このあとご家庭で普段行われているように洗濯にかけました。

Aのカレー染み部分にはもう一度「ウタマロリキッド」の原液を軽くしみ込ませました。Bはそのままの状態です。

洗濯機はドラム式。「洗い7分+すすぎ1回+脱水3分」のわが家の通常モードです。洗剤は「汚れを浮かしてナノレベルまで分解する」という液体洗剤(中性)。普段の洗濯に使用しているものです。

結果は下の画像のとおり。

 

utamaro_r12

 

 

事前に「ウタマロリキッド」でもみ洗いしたAはほとんど染みのあとが残っていませんが、通常の洗濯だけのBはファンデーションがくっきり、そしてカレーがわずかに色残りしています。

 

「ウタマロリキッド」の洗浄力は、本物でした!

 

utamaro_r11

 

よかったら、ぜひ一度使ってみてください。ホントにスゴいんですから。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事(一部広告)

「ブログ村ランキング」参加中!クリック応援感謝です! にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sunnydayfunny

昭和半ば生まれのおじさんです。妻と娘と猫と金魚と東京西部にひっそり暮らしています。息子夫婦に孫娘ちゃんもいます。「くらしとこころにそらより」うるおいを降り注ぐ記事をめざしています。

お役立記事

sheet13 1
gretel 2
issyopan 3
ichirinsha00 4
掃除機ヘッド掃除アイコン 5
sentakki_door03 6
スプレー容器 7
求人広告250 8
rakuchinpack01 9
EGT260DX01 10
doshisha_chair 11
babyfence09 12
kusakarieyec 13
布団乾燥機アイキャッチ 14
パスワード作成 15

-くらす, 洗濯
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2018 All Rights Reserved.