刈払機(草刈機)のエンジンがかからない?スターターのひもが戻らない?

投稿日:2016年11月4日 更新日:

 

11月に入り、今シーズン最後の草刈りに取り掛かろうという方が少なくないのでは。まったくおつかれさまでございます。

さて、そらよりも先週末に実家の休耕田の草刈りを終えてまいりましたが、その際にエンジンの画期的なかけ方を発見してしまったので、ぜひシェアしたいと思います。

またスターターのひもが戻らない、というトラブルにも見舞われましたが、その方法でかんたんに解決しました。

 

スポンサーリンク

 

cutter_trable

 

エンジンがかからない原因は四つ

まず、エンジンがかからない、あるいはかかりにくい際の原因について整理します。

原因は主につぎの四つに集約されます。

kusakariki03

①チョークがスタートの位置になっていない
エンジンが冷えた状態からかける場合はチョークを指定されたスタートの位置にしましょう

②プライミングポンプが十分に押されていない
チョークの近くに配置されている透明ビニールでできたポンプボタンを押すことで、燃料タンクから気化器(キャブレター)に燃料が送られます。この「押し」が少ないとエンジンが着火しなかったり、着火してもすぐに止まってしまいます。ここを少なくとも10回程度、古くなった刈払機なら50回程度は押します。押し過ぎても余分な燃料は自動的に戻されます。

③スターターが十分に回転していない
寒くなるとスターターが重くなることがあります。このレバーの引きが弱いとエンジンはなかなかかかりません。スターターの回転を確認しながら、最初はゆっくり、少しずつ回していき、こなれてきたら強くひきます。じつは今回、この操作方法に新たな手法を発見しました。詳しくは後程ご説明します。

④プラグが湿っている、ススが溜まっている
何度もスターターを引き続けると点火プラグが湿り気を帯びる場合があります。あるいは燃料の混合オイルの濃度が高いためその燃えカスがススとなって点火プラグに付着する場合があります。このプラグの不具合が原因となっているケースがほとんどといってもいいかもしれません。

黒いゴムのカバーを外し、付属の六角レンチでプラグを回転し、抜き取りましょう。先端の金具の隙間を乾いた布で拭き、鉄やすりの歯または細いドライバーなどでこすります。電気がスパークするようにするわけです。

ただし先端の金具の隙間を広げないようにくれぐれも注意してください。

プラグには寿命があります。どうしてもエンジンがかからない場合はプラグの交換も考えてみてください。ホームセンターで1個数百円で購入できます。

 

足で押さえスターターを両手で引く画期的な方法

前項の①②④をクリアしても、エンジンがかからない場合、③を工夫してみます。

通常はつぎのようにエンジンをかけているはずです。

kusakariki01

エンジン本体か、エンジン近くのバーの根元を左手で押さえ、右手でスターターのレバーを引く方法です。しかしこれでは外気が冷えはじめた季節などはスターターが重く、片腕では十分な回転を得られません。

そこでそらよりは次の方法を試してみました。

kusakariki02

①左足でグリップ部分を抑えます

②スターターを両手で強く引きます

これで一発でエンジンがかかりました。

取扱説明書を確認しましたが、とくに禁止されている操作方法ではないようです。ただしスターターのひもにより多くの負担がかかかるので、いきなり強く引かず、十分にならしてから試すようにしてください。

 

スターターのひもが伸びていても大丈夫

前項の方法で、まさかの事態もクリアできました。じつはスターターが重いまま、強く引いたら、レバーについたひもが戻らなくなってしまったのです。

kusakariki04

この場合、何度か繰り返し軽く引くと徐々に戻ります。しかしある程度戻ると、あとはどうしても戻り切らない。その場合、腕の力だけではスターターを回すことは不可能です。

前項の方法でエンジンをかければ、しばらく使っているうちにスターターのひもは自動的に元の位置に戻ります。

 

いつもエンジンがかかりにくく困っている、いままさにエンジンがかからない、ひもが伸びちゃっているという、という方はぜひお試しください。メーカーが推奨している方法ではないので、必ず自己責任でお願いしますね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ブログ人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おススメ記事

スプレー容器 1

  春夏秋冬、汗っかきさんにとって気を緩めてよい季節なんてありませんよね。朝夕と昼の温度差が激しかったりしようものなら、うっかり服装のチョイスをまちがえ、外出先で大汗をかくということしばしば ...

デカ容器01 2

  昨晩、終電を逃した人の家までついていきインタビューするテレビ番組を観ていました。人気なのでご覧になった方も少なくないと思います。そこで深夜にもかかわらず娘の帰りを待っていたお母さんが、大 ...

パスワード作成 3

  パスワードがいくつもあって管理できない、と昔から言われ続けていますが、いっこうに改善される気配がありません。 でもパスワードを使う場面はますます増えています。 もしもご自分のパスワードの ...

補色01 4

  夏休みの想い出に友達と撮った記念写真。でも、後ろをふと眺めると壁や茂みにたくさんの人の顔が写っている。心霊写真のお馴染みのパターンですが、さすがに最近はテレビで取り上げることもなくなりま ...

パーティ開け11 5

  ポテチの袋、いつもどうやって開けてますか? 友達やパートナーとシェアして食べるとき、普通に開けたら、開封口の向きが気になって、ちょっと不便ですよね。横から手を入れるのも汚れて面倒。 つい ...

355百均カラカラ 6

  キャットフードのストック、お宅ではどのように管理されていますか。わが家には2匹のお猫様がいらっしゃって、猫缶とサイエンスダイエットなどのいわゆるカラカラを小分けにしてあげています。猫缶は ...

-そらよりの日々, 故郷にて, 暮らしの発見, 豆知識

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© そらより , 2017 AllRights Reserved.